お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年2月19日日曜日

藤原道山

 昨年、6月に藤原道山さんという尺八奏者のことを書いたが、今日、日経新聞の付録月刊誌「THE NIKKEI MAGAZINE」2月号に、「時空を超えた竹管の音色」と副題が付いて道山さんのことが掲載されていた。

藤原道山 藤原道山
尺八

 前書きに、

尺八奏者、藤原道山(33)。
古典の流儀を守りながら、音楽の幅は従来の尺八の粋にとどまらない。
クラシック、ポップスなど多彩な曲目を演奏し、共演者と作り上げる空間は
変幻自在だ。 冬の一日、時空を超えて響く音色の神秘を語った。

 とあるように、心豊かにしてくれる非常に素晴らしい演奏家の一人であると思っている。 師匠である山本邦山も、日本古来の音楽に新風を吹かせた方であるが、もっと優しく一人一人の心に語りかけてくれるのが、藤原道山の演奏である。
 小さな演奏会場だと、終ってサイン会を催しており、その際の彼の横顔は、ややあどけなさもあり、はにかむような仕草に、性格の良さが迸るものがあった。 妊娠された女性の会に出かけたり、その活動は演奏だけに限らず多岐にわたり、以前NHK教育テレビでも見かけたことがあった。
 弱冠33歳ということなので、将来が非常に楽しみな奏者であり、世界に活動の場を広げられる力を持っておられると思う。
 彼の音楽を、"癒し"とか、"ヒーリング"だとか言う方がおられるが、そういう商業ベースに乗ったような表現をしてほしくないと常々思っている。 彼が持つ「神秘性」。 そういうものが多くの人に支援される由縁かもしれない。
 以前も書いたが、野尻湖の琵琶島で彼の演奏が聞けたら、本当に素晴らしいと思う。 時空を越えた、彼の演奏が実現する場として、琵琶島は最もふさわしい場であり、歴史的な意味を包含していると確信しているからだ。
 来月発売予定のCDで、新しい演奏を聞けるのが楽しみ。 



0 件のコメント: