お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年2月22日水曜日

ご老人2人の話

 日本経済新聞の夕刊には、「あすへの話題」と題した、各界著名人の含蓄のあるお話が掲載されている。 今日は、聖路加国際病院細谷亮太副院長の「ご老人2人の話」という話題が掲載されており、その初めに書かれている「金子兜太養生訓」という所に目が留まった。
 金子兜太さんと云えば、一昨年の一茶忌で行われた一茶記念館講演会でお話をうかがったのが、初めての出会いであった。 大変軽妙な語りの中で、一茶像というものを分かりやすく説明してくださったが、あとでうかがえば、ご自分でも句会を開くなど著名な方であった。
 そんなことから、金子さんの著作を買ってみたのだけで、作句というのは難しく自分にはほど遠い存在のようにも思えている。
 さて、件のことだが、少し略記しよう。
 土曜日に熊本へ出かけて、帰りの飛行機の中で黒田杏子さんの「金子兜太養生訓」を読む。そして満八十八歳の大俳人の生き方に唸る。そのまとめに曰く「長生きをしようと発心する」「老醜をさらすまいと心がける」「心と体を整える努力」「任侠精神とボランティア精神を忘れない」等々。そろそろ自分の問題だなと思いながら面白く読んだ。(以下略)
 詳細は、その「金子兜太養生訓」を手にすることにした。 インターネットというのは便利なもので、早速注文。 検索エンジンを使えば、取り扱っている書店がわかる。 1500円以上だと郵送料もかからない。

 さて、話題の後半(文面の殆どはこちらであったが)だが、八十歳のタクシー運転手さんの話が続いて、その方は少年航空兵であったとのこと。 その運転手さんの戦後の生き様を語り、そんな話の最後に、「戦争はいけませんよ」と一言。 大変重い言葉だと感じた。
日本経済新聞「あすへの話題」から


0 件のコメント: