お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年3月23日木曜日

クロモジ製油

 信濃毎日新聞のサイトには市町村の話題というコーナーがある。 長野県内の既報記事を市町村毎に検索できるようになっているのだが、信濃町の話題が載ることは比較的少なく、今年に入ってからの記事は4件である。 その中に、「信濃町産クロモジ製油」という記事を見つけた。
 さて、クロモジといえば、爪楊枝しか思いつかないのだが、葉は和菓子にも添えられるらしい。 春になると、山菜探しに林に入ることはあるが、クロモジの木というのはご近所からも聞いたことがなかった。 この記事には、芳香療法に活用されるクロモジの油を試作するという事業が信濃町で進められていうものであった。
 以下は、その要約である。

信濃町産クロモジ製油...全国ブランドに 町と大手製薬会社、大阪で試作品提供
------------------------------
 クスノキ科の落葉低木クロモジからつくった油をアロマセラピー(芳香療法)に―。上水内郡信濃町が大手製薬会社と協力し、同町産クロモジの製油を全国ブランドにしようとする取り組みが具体化してきた。二〇〇五年末から大阪市内のホテルに女性向けの試作品を提供。将来的には商品化を目指している。
 クロモジは香りが良く、高級ようじに使われる。試作品を作ったのは森を生かした信濃町の「癒(いや)しの森」事業で町が認定した森林メディカルトレーナーら。事業に注目し、森の効能について研究している小林製薬(大阪市)からクロモジ製油の効果を確かめたいと、〇五年秋に提供の依頼があった。トレーナーたちでつくる「ひとときの会」のメンバーが十二月上旬、野尻湖畔で森林整備した際に集まった枝を蒸し、二十五ミリリットルの油を採った。
 小林製薬は油を葉形の繊維に染み込ませたアロマセラピー用品を試作。JR大阪駅直上にあるホテルと共同で、二月中旬までの限定企画で香りを提供している。クロモジを使った「ヒーリングの香り」など五種類の用品を室内の小さな専用送風機にセットすると、香りを二時間楽しめる。
 ホテル側は「ホテルでも森林にいるようにリラックスしてほしい」と期待。ひとときの会会長で主婦の鹿島岐子(みちこ)さん(39)=信濃町柏原=は「クロモジ製油が製品化されれば、町のイメージが高まる。産業面だけでなく、多くの観光客が町に足を運ぶきっかけにもなるはず」と話している。
(2006年1月13日 信濃毎日新聞掲載)

0 件のコメント: