お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年3月26日日曜日

信毎に野尻湖発掘調査記事を見つけた

 昨日の信濃毎日新聞に「野尻湖発掘始まる 第16次調査 100人が参加」という記事が掲載された。
先月、記載した幻の野尻湖人を追うの酒井潤一さんは調査団の顧問をされていると知った。

野尻湖発掘始まる 第16次調査 100人が参加

 第16次野尻湖発掘調査が25日、上水内郡信濃町の野尻湖・立が鼻遺跡で始まった。全国的にも珍しい一般参加方式で、県内外から集まった調査団(団長・赤羽貞幸信大教授)の約100人が、スコップやじょれんで慎重に湖底を掘り返した。
 「くわ入れ式」で代表者が酒で清めたスコップを現場に突き刺し、「エイエイオー」と気勢を上げた後、6班に分かれて4メートル四方の担当場所をそれぞれ発掘。一部は6年前に調査した場所で、30-40センチ掘ると、約4万年前の地層を覆った保護シートが現れた。
 主婦の五月女玲子さん(44)=東京都、小学校教諭の佐藤美穂子さん(42)=福島県=は福島大学時代の友人で、1981年の第8次調査から参加。今回初めてそれぞれ息子の悠君(10)と創平君(5)を連れて来た。湖畔に別荘がある米国人ディーン・ヘリックさん(43)=東京都=も2人の息子と参加し、「ゾウの頭や足の骨をこの目で見たい」と話していた。
 調査団顧問の酒井潤一信大名誉教授(69)=塩尻市=は「一帯がキルサイト(狩猟解体場)だったことの立証に加え、人の足跡が確認できれば最高だ」と期待していた。
 調査は62年に開始。ナウマンゾウやオオツノジカ、石器などが眠る4万8000-3万3000年前の旧石器時代の遺跡を舞台に、最近は3年ごとに行っている。
20060325shinmai.jpg

青空の下、妙高山を背に野尻湖畔で始まった第16次発掘調査

��25日午前9時55分、上水内郡信濃町


0 件のコメント: