お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年4月3日月曜日

信越病院問題

 町立「信越病院」問題の説明会が今月から町内各地区で行われるとのこと。 信越病院の経営に対する町の財政負担が大きいことは聞いていたが、昨年から今年にかけて医師の大量退職に伴い、病院の体制維持が困難になってきたということらしい。
 医師の補充ができない、「医療体制の現状と今後の展望について」、町長自ら住民に説明するということだが、医師が半減した状態では、今後診療規模の縮小とか廃止などの道も想定されることであろう。 病院がなくなれば町にとって財政的な効果があろうが、それでは無医村(町)になってしまい、住民は隣接する妙高病院とか飯綱病院、市民病院などに行かざるを得ない。
 具合の悪い人や年寄りなどは交通手段もなく、大変な思いをして通院することになるし、幼子をかかえた家庭などでも困ることになろう。 町が病院経営に代わって、通院のための交通手段を新設するということなどは本末転倒である。
 信越病院をこのような状態にしたのは、やはり町政の怠慢ではないだろうか。 住民が減少している今、それに相応しい経営規模というのがあるはずで、それを早いうちから住民に知らしめ健全経営を模索するべきであった。 職員が減る環境まで問題を先送りしてきて、病院維持が難しいからと、今回のような説明会を開くのはスジが違うような気がする。

0 件のコメント: