お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年7月3日月曜日

長野県方言関係研究文献目録

200607hogenbunken.jpg


 先月24日、一茶記念館講座に出席して、信州大学名誉教授馬橋良雄さんの、「一茶の『方言雑集』とふるさと北信濃のことば」というお話をうかがった。

 講座に参加されていた、大井に住む川島喬一・良江さんという方達が纏められた「一茶の信濃方言と江戸語 - 信濃町・冨が原集落の方言・第4集」を頂いて来たが、やはり講座に出席されていた、上田女子短期大学の大橋敦夫さんという先生が、信州の方言を研究され、その成果があるというので会場で所望させていただいた。

 先日、その書物が届いた。 文献名は、「長野県方言関係研究文献目録」となっており、下部には「国語研究倶楽部」と銘打ってある。 同学の大橋研究室の大橋先生と学生方が一緒に数年にわたって研究されて纏められたようである。

 内容としては、「市町村毎の方言関連の文献名一覧」として、文献の出版年、出版元、編者 参照ページ等が年代順に記載されており、一番古いのは、「1888.11  岡澤米吉郎 長野縣河中島方言 ・ 東京人類學會誌」とある。

 次に、新聞に掲載された記事や投稿を中心とした「スクラップ データファイル」が集められ、その初めには、「1980年 豪雪が育てた方言の宝庫 秋山郷収集調査  信濃毎日新聞」という記事があった。
 最後に、一茶記念館講座の講師をされた馬瀬良雄先生の「長野県方言研究史」で、一茶の「方言雑集」など、当日話された項目が細かく記され、会場で十分理解できなかった内容をここで反芻できるものであった。 方言の移り変わりを、ローマ字で記し母音子音が変化していく様などは非常に分かりやすく興味が持てるものである。

 文献の一覧の中で、グロータスさんという昔懐かしい名前を見つけることもできた。

0 件のコメント: