お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年7月13日木曜日

天体観測

 先日、北海道新聞のサイト版で、「息子しのぶ天文台と別れの日 札幌の夫婦 子供向け、赤平に寄贈」という記事を見た。 星になった息子さんを偲び、長年使ってきた望遠鏡を広く子供たちに使ってもらいたいと寄贈される話であった。
 忘れかけていたが、今月は七夕や天の川などが子供たちの世界では話題になる月である。
 以前、我が家の客人が黒姫に来られる時に、黒姫であれば星座がよく見えるであろうと、天体望遠鏡を頂いた。 しかし、街灯など町並みの明るさに阻害され、あまり星を見ることができずに、月のクレーターであきらめ、結局望遠鏡はお蔵入りになってしまった。
 かつて、千畳敷カールのロープウエイに一番乗りするために駒ヶ根の駐車場で仮眠したことがあったが、あの時の星空は手が届きそうな位に無数の輝きが見られ、大変感動したことがあった。 黒姫でも山の中に入れば、同じような光景を見つけることができるのかもしれない。 八ヶ岳などでは天体観測が出来ることを特色としているペンションがあると聞いたことがあるが、黒姫ではどうなのだろう?

以下、北海道新聞2006年7月5日紙面から
息子しのぶ天文台と別れの日 札幌の夫婦 子供向け、赤平に寄贈  2006/07/05 07:26
 いつも天体望遠鏡で夜空を追った息子を交通事故で失い二十二年。札幌市中央区の建設会社「共和総業」(札幌)を営む長尾正次さん(64)が、亡き長男をしのんで自宅に設けた私設天文台が、子供たちの夢をはぐくむ場として、赤平の地で再出発することになった。望遠鏡は三日に、ドームは近く移設し、子供たち向けに企画している科学キャンプなどに活用していく予定だ。
 移設は、小型宇宙ロケット開発にも取り組む「植松電機」(赤平)が行っており、同社の敷地内に設置する予定。
 私設天文台は、直径三メートルほどのドームに口径四十センチの反射望遠鏡。長尾さんの住宅を兼ねた自社ビル六階の屋上からさらに階段を二階分上がった場所にある。
 天文台まで造って長尾さん夫妻が星を眺めるようになったきっかけは、長男正美さんの交通事故死だった。当時十八歳。一九八四年三月、胆振管内豊浦町の国道で買ったばかりの乗用車を運転中、ダンプカーと正面衝突。即死だった。
 自然が好きで何よりも星空が大好き。暇さえあれば「星のきれいなところ」に望遠鏡を持って出向いていた。息子の姿を追い求め、遺品の望遠鏡をのぞくうちに、いつしか夫妻も星に魅入られていた。ビル増築に併せて最上部の塔屋上に、家族専用の天文台を造った。
 六十歳を超え、いずれは「上れなくなる日が来る」と感じた長尾さん夫妻は、天文台の撤去を決め、活用してくれる人を探した。望遠鏡とドーム合わせて五百万円相当で、移設には数十万円から数百万円が必要だった。
 活用先は、なかなか見つからなかったが、相談した厚別区のアマチュア天文家、渡辺和郎さんの協力で、植松電機に寄贈し、移転費用を持ってくれることになった。長尾さん夫妻は「多くの子供たちのために使ってもらえるのが何よりもうれしい」と話している。

1 件のコメント:

hosizukiobachama さんのコメント...

なにで検索してこちらに来たのか・・ハッキリしませんが。。
数年前、その息子さんを亡くされたお母様と偶然お会いしました。
場所は「星を見るカルチャーセンター」です。
そこの講師は、望遠鏡寄贈の橋渡しとなったアマチュア天文家の方です。
お母様はその時にカルチャーセンターを知り,入会なさったようです。
そんな悲しい過去があるのに、とっても生き生きとした明るい素敵な方です。
私は随分前にそこをやめましたが、ここの記事、娘さんを通してでもお読みになったでしょうかねぇ。