お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年7月19日水曜日

月刊アスキーが休刊

 マイコンからパソコン時代へとIT文化の中心にあったコンピュータ雑誌「アスキー」が8月号で休刊するとアサヒコムで知って、早速月刊アスキーのサイトを訪ねて確認した。
 1976年、早稲田大学に学ぶ学生達が「I/O」というコンピュータ雑誌を発刊していたが、この時の発起人であり編集長であった西和彦氏は、発行方針が合わなかったのであろうか、翌年の1977年6月を最後にI/O(工学社)をやめ、塚本・郡司両名とアスキー社を設立し、1977年7月号を創刊号として「アスキー」を発刊した。 そのアスキー誌が29年続いてきた月刊誌としての発行を今般やめ、別の形に変わるとのことである。
 西氏が飛び出したI/Oも、マイコンブームに乗って一般募集したゲームソフトやユーティリティソフトなどを掲載して、それなりに生き抜いて来たが、既に月刊誌として役目は終えてしまっている。
 西氏の活躍についてば万民周知のことであろうが、マイクロソフト社の副社長まで登りつめながらも、新しい時代に適応できなかったのは残念であったろう。 逆に、古川、塚本、郡司氏らが、西氏と袂を分かち、形を変えてコンピュータ時代に生きているということは、やはり個人としての資質というか、先見の明があったとも云える。
 創刊以来、毎月18日(当初は20日?)になると本屋へ行き、I/Oとアスキーを買うのが楽しみであった。 そして、その後、Oh!PCやマイコンなどの雑誌が続けて発刊されたが、前者のように、必ず買って読むという熱の入った雑誌にはなりえなかった。 やはり30年前を思い起こし、自分のパソコン歴と重ねて見ると懐かしさを感じる。 手元にあるTK-80+BSを取り出して、マシン語を入れてみたくもなったし、AppleIIでルナーランダーでもやってみようかなという気になる。 最終号には、この30年のパソコン時代をサーベイした記事が載っているとのこと、ここ十数年と買っていなかったが最後の号ということで、買ってみようと思う。
 さて、懐かしさが手伝って、書棚にある創刊頃のアスキーをイメージに落としてみた。
アスキー創刊号 アスキー創刊号表紙裏の広告


アスキー創刊号目次 アスキー創刊号裏表紙


アスキー2号表紙 アスキー2号目次

アスキー3号表示 アスキー3号目次

0 件のコメント: