お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2007年12月19日水曜日

野尻湖フォーラム41号が届く

今日の暦から : 食わず嫌いは一生の損


 野尻湖 THE FORUM 41 が本日届いた。 今号の内容の殆どは、野尻赤川に計画されている産業廃棄物処理場問題であった。 産廃問題については、当ブログでも8月28日8月8日に記してきたが、去る10月2日に総合会館で元受会社である(株)高見澤が住民への説明会を強行実施したと、その説明会のやり取りを記してあった。 本件については、どういう形で公告されたのであろうか。 ご近所からこの説明会のことは聞かなかったが、山林所有者は金になるいいタイミングだと既に地面を売却しているであろうから、処理場が出来るのは時間の問題だと、悲観的な予想をされていた。


 そもそも今夏の信濃町議会では、高見澤による説明会実施請願を拒否したはずだ。 しかし、総合会館は町の施設であろうに、議会が拒否し、町内の殆どの地区から反対の意思表示が出ている中で、町立の設備を何故使えたのであろうか。先般、町の広報誌で、松木町長が村井県知事に住民の反対の意向を汲むよう申し入れたとあったが、こういうことがあると町長の意思表示も何気に弱い感じがしてならない。


 本号によると、かかる説明会では、「水漏れやダイオキシンの排出など全く無く、害のない物のみ埋める」という会社側の大雑把な話で、具体的な数値や構造計画などの説明がない、きわめてずさんな説明会であった由。 こういう姿勢からも、本件はゴリ押し事業であるとうかがえる。 柏崎刈羽原発では、万全の地震対策が施されているという東京電力の説明であった。 しかし、実際に起きた地震では、ない筈の事象が起きている。 こういうことからも、会社側の"絶対ありえない"という説明を鵜呑みに出来ないことが分かる。


 長野県の廃棄物行政は、時代に逆行した条例案が策定され、住民が存在しない事業体本位のものに変わりつつあるようだ。 そんな県政の動きを敏感に感じ取り、高見澤は動きだしたのであろうし、その裏には県政のかかる部門が強力に推進していることであろう。 見方によっては、先の県知事選挙で中身のない喧伝に巻き込まれて新しい知事を求めた結果かもしれない。 杜撰な説明であったということは、杜撰な計画であろうと推察できるし、あるいは何かを隠していることかもしれない。


 産廃場が出来れば、野尻湖の地盤沈下は一層進むであろうし、ブラックバス釣りのための単なる溜め池になり下がってしまうのではないか。 そんな環境下では、野尻湖や黒姫の自然を楽しむためにやってきた別荘の人達も去ってしまうことであろうし、観光客も更に来なくなる。 魅力の無い黒姫、魅力の無い野尻湖には絶対したくないのだが。 この先々、とてつもない暗雲が立ち込めていると思わざるを得ない。以下に、町の広報誌にあった画像を掲載した。 上段は、町長が県知事へ要請した時のもので、下段は、町が開催した産廃学習会のもの。

しなの12月号フォトニュースより しなの12月号フォトニュースより



0 件のコメント: