お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2007年12月23日日曜日

季刊誌「うかたま」から

今日の暦から : ビール一本はご飯一杯半分



 農文協の季刊誌「うかたま」の今月号を購入してきた。

 農文協は、農業や食に関する書物を数多く出版しており、以前から親しんできた出版社である。 あらためてサイトを見たら、戦前の発足期には専属劇団があったと宇野重吉さんの名前があった。 当時は相当リベラルな団体であったようだが、現在の理事一覧を見ると非常勤の名がずらった並んでおり、ここも農水省からの天下りで満ちているように思われた。

 まぁ、それは今日の話題にはしないで、本題の「うかたま」に入ろう。 「うかたま」の名は、稲の神様「宇迦御魂神(ウカノミタマノカミ)」から由来しているとのこと。 祀られる「稲荷神社」の稲荷のことを、何気にキツネに結び付けていたのだが、「稲が生ることから五穀豊穣を願う社」を意味しているらしい。 「おいなりさん」というのは、その年に取れた米で作るか、あるいは神社に供えることから名が付いたのかもしれない。

 話が色々飛んでしまったが、本号の中に「じいちゃんとばあちゃんの地豆」という記事があり、

ビルマ豆、 具豆、 鞍掛豆・・・・・。

聞いたことのない名前の豆たちは、

この土地でつくり続けられてきた在来種の豆、地豆だ。

北海道遠軽町には、そんな地豆を残してきた

豊かな暮らしがある。


と、齢84歳と87歳のじいちゃんとばあちゃんの畑作生活を紹介している。

 実に、この笑顔がいいのだ。 これが本当の農村の姿ではないかと思えたのであった。 信濃町でも、こんな農業風景を目にすることが出来るであろうか? 年寄りが元気に働く村や町は自然と活気ある集落になる。 料理の添え物になる「葉っぱ」を商品にして出荷している、四国の?村なども良い例であろう。 我々だけでなく、観光関係の方、行政の方なども、こういう雑誌から習得することは多いと思う。

 本誌には、「豆の話」と題して豆の歴史や調理方法、レシピなども載っていた。 信濃町もペチャ豆花豆など豆の収穫は多いように思う。










じいちゃんとばあちゃんじいちゃんとばあちゃんの地豆からじいちゃんとばあちゃんの地豆から





0 件のコメント: