お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2011年9月27日火曜日

「癒しの森事業」で韓国の大学と連携?信毎から

 昨日の信濃毎日新聞サイトに、「信濃町、韓国の大学と協定 『癒しの森事業』で連携」という記事が載っていました。

 私自身は「癒し」という言葉に大変な抵抗感があり、しかも町の事業についての知識もありません。 従って、何も発する言葉がないのですが、隣国である韓国の若者と色々な形で交流することは歓迎したいと思います。 ただ、韓国へ行きどこの街でもぐるっと見回すと十字架がついた建物が見え、仏教寺院も多く、殆どのお坊さんは独身のようで、日本の所謂生臭坊主のような人は皆無です。 大変信心深いというか宗教的な国民性で、勤行の際の五体投地も本格的なものです。(私は1・2度で降参) 国民の9割以上が教会か寺に属していると以前聞きました。 加え、教会や寺院が中心となって地域の経済活動や教育を率先して指導して行く姿も見られます。

 それらに対し日本人の宗教観というのは、「何でもあり」というか、産まれた時は神社、結婚はキリスト教会、葬式は寺というふうに節操がなく、初詣にしてもご利益願いで、本来の信仰とはかなり異なる存在のように思えます。 日本のキリスト教信者は人口の5%にも満たないでしょうし、お寺の檀家制度はあっても家族全員が寺の宗派を信じているわけでもないでしょう。

 この韓国との連携をただ単に観光の一事業として考えるのではなく、そういった文化の違いを知った上で、相互交流が図られれば大変意味のある事業になると思われます。 その際に、過去の戦争で日本軍が朝鮮半島を翻弄させた事実を認めなければなりません。 日本の占領が朝鮮王朝時代を終焉させたという意義はあったかもしれません。 1950年に朝鮮半島では再び戦争が始まったわけですが、その戦いの前には内乱(混乱)状態にありパルチザンなど同じ国民同士の殺戮も頻繁に行われ、韓国人の死体が対馬までしばしば流れ付いたとも言われていました。 歴史にいい悪いを求めるのはナンセンスであり、ただ必要なことは歴史上の事実を認めることでしょう。 対朝鮮半島に対して日本が行なった過去の事実を認めようとしない勢力が日本の中に存在していることが気になります。 どちらの国民が優れているとか劣っているとかで判断することは実に無意味で人間としてあるまじき行為だと思うからです。

 さて、この記事から想像すると、これから韓国の若者が信濃町にやって来るということでしょうが、韓国人は老若男女ともとにかく街歩きも山歩きも大好きです。 ソウル市内などにはウォーキング(ランニング)用の専用道があって、トボトボではなくしっかりとした姿勢で歩いている人たちがたくさん見られます。 女性は日焼けしないようにサンバイザーを被り長袖を来て肌を露出させないスタイルです。 サングラスやマスクをして全く顔を隠してしまっている人もいます。

 ソウル市内の南山は260mほどのそう高くない山で、休日ともなれば相当数の人が登り下りしています。 また以前、慶州の南山に登った時は、大きなブルトーザーで作ったような広い登山道を家族や女性グループなどが次から次へと登っている姿を見ました。 そしてお喋り好きで賑やかです。

 山登りは服装からというのは韓国も日本と同様でかなり決まったスタイルをしており、日本だとモンベルの他はコールマンやミレー、コロンビアなど海外ブランドが好まれますが、韓国ではラフーマというブランドが有名のようです。 ソウルにもユニクロが出店していますが、やはり韓国人に合わせたカラフルなものが多く、しかも廉価品はほとんどありません。 ブランド品になっているのでしょう、我々が買えるものではありませんでした。 でも、日本にはないものがあって、見るのは結構楽しいものでした。

南山(ナムサン)から慶州の街を見る

 

金◯(教育の教の下に魚がつく字体)亭

 

西暦835年頃の磨崖佛(薬師如来像と磨崖仏像)

 

大都市には大人用の色々なストレッチ遊具の公園があります。
所謂児童公園を韓国で見た記憶がありません。


0 件のコメント: