お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2011年9月30日金曜日

iPhoneでヘリコプター(玩具)を操作

 以前からラジコン操作で模型飛行機(ヘリコプター)を飛ばして、黒姫を空から撮る(空撮)ことができないかなと思いつつ、費用と技術の欠如で実行に移せないでいた。

 昨年であったか、iPhoneで操作し4ローター・カメラ付きのヘリコプターが販売されたものの(飛びながら撮影する映像がそのままiPhone画面上に表示されるらしい)、3万円以上の値段がついており、しかも風の影響を受ける恐れがあったり飛行高度が6mほどと制限があることが分かり諦めていた。

  そして、その存在も忘れていた数日前に、やはりiPhoneで操作する玩具のヘリコプターが販売されることを知った。 これは本物の玩具で小さなヘリコプターを室内で飛ばして、飛行制御をiPhoneで操作し楽しむもので、値段も6600円と安いこともあって買ってみた。

 それが発売日の本日AppBankから宅配で届いた。 ヘリコプター本体とiPhone裏面に抱き合わせる赤外線コントローラのみで、アプリはApp Storeからダウンロードする。

appcopter

 USBポートに接続して本体と赤外線コントローラそれぞれに充電し、充電が終わるとUSB差し口が赤く光る。 充電時間は1時間もかからないが、実際の飛行時間は6?8分ほど。

 吸盤付きの赤外線コントローラをiPhone裏面に取り付け、ケーブルをイヤホンジャックに差して、ボリュームを最大にする。 アプリappCopterを起動し、モーションコントロールかアナログコントロールかを選ぶ。 その際、パソコンの側などで操作するとコントローラが本体を認識できない。

appcopter

 まずはモーションコントロールを試した。

appcopter

 右サイドのマスを指で上下するとローターの回転速度が変わり上下飛行する。 そしてiPhone本体を前後左右に傾けると、それに従いヘリコプターも動くようだ。 実際に操作すると思うように姿勢制御ができずかなり難しい。 どうしても左右にぶれたり後ろに移動してしまう。

 ある程度ローターの回転を上げて飛ばしてから本体の姿勢制御の訓練をすればいいようだが、6畳程度の広さの部屋では狭すぎて、何かしらにぶつかって落ちてしまう。 体育館のような広い場所で飛ばした方が良さそうだ。

appcopter

 アナログコントロールは、iPhone本体の傾きではなく、十字キーを押すことで前後左右を指示するらしい。 本機はiPhone/iPod touch 対応となっていますが、iPad2でも制御できました。 玩具といいながらも上手にコントロールできると楽しそうですが、初日ではまだまだうまく制御できていません。

 

appcopter

 

 あらためて4ローターのAR.Drone Blue PF720002 というヘリコプターを販売しているサイトを見たら、値段相応に色々機能が付いており、一気に1mほど飛び上がり自動的にホバリングするなど、操作の点でも扱いやすそうで、実際に楽しむというか半実用的に使うのなら、こちらの方がいいように思えました。 でも玩具にしてはちょっと高すぎる。



0 件のコメント: