お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年10月13日日曜日

黒姫山へ登って来ました

その昔は信濃町役場が、今は信濃町観光協会が毎年春と秋に黒姫山登山を企画し、一般参加者を案内してくれています。
私が初めて参加したのは2000年で、かなりきつい山だなという感想でしたが、その後も登り続け6回ほど登りました。(今年の2回を含めると全8回)
その後しばらく登っていなかったのですが、今春自分の体力を確認しようと登山に参加したのですが、今春は登山の途中で雨降りとなり、しらたま平で雷の心配があると、急遽下山することになり、帰りの山道は川と化して靴の中まで濡れていました。

今回、そのリベンジということで黒姫山登山に参加しました。
今日は朝から快晴の天気で、気温は10度と久しぶりに寒い朝を迎えました。


7時10分黒姫駅に集合し、大橋口から7時50分頃、登姫の会の大島さん鎌田さんのリードのもと登山を開始。


9月、黒姫では例年のように気温は下がったものの、10月に入って温かい日が続き、やっと昨夜から寒さを感じるようになった程で、山の紅葉は綺麗にならないまま散っているようでした。 それでも僅かながら紅い葉が見られました。


私は、どうにか一団に遅れを取らないように登れましたが、それでも息切れしてしまい一時立ち止まることがありました。 体重を1kg減量すれば、その分膝(足)への負担がなくなると聞いたことがありますが、山に登ると、平均体重(今の体重より5kg以上を減らす必要あり)へ戻す必要性がひしひしと感じられるものでした。

登頂は12時過ぎ。 山頂は風がなく日差しが強くて汗で濡れた衣服をどんどん乾かしてくれていました。 山頂の宮に参拝しお神酒(松尾)をいただき、集合写真を撮って、1時20分頃下山開始。


下山路は表登山道で、ここも岩ばかりで、しかも泥濘みでは滑らないように足元を見るばかりで、風景を見る余裕はありません。

でも、8合目辺りの洞穴でヒカリゴケを見ました。

膝に装着したサーポーターの具合があまりよくなく、足の血流を悪くして攣るような感覚に襲われながらも、無事に4時半林道に降り、さらに5時に童話館前に来て登山は終了しました。

自分達のペースでゆっくり黒姫山を登ろうかとしばしば思うのですが、大橋口に車を止めると、同じ道を降りてそこに下山して来なければなりません。 観光協会の登山企画では、行きと帰りの交通手段が確保されているわけで、黒姫はやっぱりこの企画を利用して登るのが得策ではないかと思っています。
因みに、ポケットに入れた万歩計は、登りも下りも16千歩を示していました。

0 件のコメント: