お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年1月23日木曜日

映画「100,000年後の安全」を渋谷アップリンクが無料公開中

いよいよ東京都知事選が始まりました。 政党支部や組織が支援する形も様々で有権者がどのように判断すべきか戸惑うことの方が多いように思われます。
でも、自民・公明が推す舛添や石原慎太郎や学会が推しているであろう田母神には、決して清き一票を投じてほしくないと思います。
まず、舛添の人となりを考えてみましょう。 週刊誌の広告にこんなのがありました。

だいたい週刊誌の広告タイトルはそれ以上のものがなく、実際に買って読んでも、こんなことしか書いてないと内容の貧弱さを感じるばかりですが、こんな書き方をされている舛添を自民や公明が推すって、舛添ばかりでなく連なる議員達の品性まで疑いたくなります。 労働者の代表であろう連合までが桝添を推すとのこと。 結局労働貴族も経営者も考えることに差異はなく、舛添という人間の人物像を見ずに推薦を決め、下々は捨てて置かれているという実態を示しているものと言えます。
そして田母神だが、昨年4月戦車に乗って悦に入っていた安倍と同様に、日本を戦争できる国にしようと画策しているわけで、国民の安全や福祉を考慮することなく、その思考は日本を滅亡に引き入れるような貧相そのもだと言わざるを得ません。


結局総じてみると、細川氏に委ねざるを得ないようですが、これとて両手をあげて賛成できません。 小泉は息子にゆずる政権というものを描いて、敢えて脱原発をうたっているのかもしれません。 所詮自民党は公明党の参画で政権維持できているわけで、そのうち公明に連なるグループに日本が捕らわれてしまうことを懸念しているのか、あるいはもっとアメリカと密になる政権を描いているのかもしれません。
小泉に野心があることは間違いないわけで、そういったことがあるかもしれないけど、今は細川氏を選択するしかないと決めている方が多いように思われます。
それにしても細川氏より、原発よりも自然の方が大事だと言う小泉の応援演説の方が訴えるものが多いという印象も、何故か不思議です。 これまで何人の人が小泉弁に騙されたでしょうか? それとも今回小泉は国民のためにまともなことを言っているのでしょうか? 結局有権者の思考・判断が試されているということでしょう。

都知事選の主な争点は、原発と福島を含む子供たちの安全であろうと思うのですが、各氏が所信表明している中で、その訴えは残念ながらそう強く感じられないように思われます。

さて、東京・渋谷にある小さな映画館アップリンクが、原発の存在を選挙期間中皆に考えてほしいと、映画「100,000年後の安全」をYoutubeで無料公開(2月10日正午まで)されています。
私は渋谷で字幕入り映像を見ましたが、今回公開している映像は吹き替え版とのことで、内容の理解がより進むように思われます。

定かではありませんが、小泉純一郎は、フィンランドの放射性廃棄物最終処分場オンカロを写したこの映画を見て(否、実際に現地に行って決断したそうです)、原発ゼロに思考を変えたそうです。 実際どうなのかは分かりませんが、この映画は原発賛成反対という単純な切り分けではなく、視聴者の判断に委ねる形で作られているので、安心して見ることができると思われます。 でも結論は今の人間にはーどんな専門家であってもー原発(放射性廃棄物、原子力技術等)の安全を問う知恵も知識もないということでしょう。


リンク先:
http://www.uplink.co.jp/100000/2014/
http://www.youtube.com/watch?v=dtH_Lkd73eQ#t=94

0 件のコメント: