お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年1月12日日曜日

東京都知事選に思うこと

東京都知事選に再度出馬すると表明した宇都宮健児さんについて、中学生時代の様子を聞いたり、東大に現役入学し、在学中に司法試験合格したため東大在籍は意味ないと中退。 弁護士活動ではサラ金禍に苦しむ人々の救済に奔走されてきたと、そういった一連の情報を身近な者から聞き、私としては1つの虚像を描いてしまい前回の都知事選では選挙権を持っている友人たちに彼への投票を呼びかけていました。

しかし、数ヶ月前に2012年に宇都宮氏の選対本部委員をされたという澤藤統一郎さんがブログ「澤藤統一郎の憲法日記」で「宇都宮健児君、立候補はおやめなさい」という記事を書かれていることを知り、虚像が崩れたというか仮面が剥がれてしまったという印象を持ったのでした。
希望のまち東京を作る会」のページには、澤藤さんの記事に対する弁護団による法的見解というPDFが掲載されていますが、真摯な反論をしているようには思われず、弁護士特有の詭弁のようにも感じました。
そして、SNSには澤藤さんを罵倒、揶揄するようなメッセージが掲載されているとのことで、在特会のようなレイシストもどきの発言に、支援の熱意が全く覚めてしまったのでした。
東京大学名誉教授の醍醐聴さんのブログでは、「宇都宮健児氏を支持する前にやるべきことがある」、そして「新旧宇都宮陣営は問題の重大性を自覚すべきである」などと記されています。 ここまで書かれると何をか言わんやという感があります。

従い私のFacebookから宇都宮健児氏を削除しました。 最近、「うつけんNEWS」なるメールが届くようになり、これには購読中止への依頼項目がありません。 スパムメールとなりつつあるも限られた期間ですので我慢することにしました。

それにしても、原発・増税・TPP・軍拡にまい進する自民・公明の政策に対峙している政党や仲間が一致団結して都知事候補を決めなかればならない時期にあって、実に残念な状況であると言わざるを得ません。 「東京が変われば日本は変わる」、「日本が変われば世界が認める」というのは明々白々であります。

石原慎太郎や安倍晋三のように強権政治を復活させようとする、舛添や田母神などのような人物(敢えてここには記さないがトンデモナイ人物だ)が都知事になったら、日本は終わりかもしれない。 無難な所で細川護煕に期待する動きもあるようですが、作陶三昧で悠々自適のお殿様がどれだけ都政で働いてくれるか未知数でしょう。 極端な思考を持たないという視点で多くの都民から支持されるかもしれませんが、その裏で小泉が動いている所に、諸手を上げて応援する気にはなれない。

そうなると、やはり宇都宮健児さん自身が2012年の選挙活動に対しきちんと精査し反省し、袂を分けたかつての仲間とよりを戻してほしいものだとつくづく思うのです。

0 件のコメント: