お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年1月21日火曜日

都知事選、小泉の茶番劇に騙されないように!

東京都知事選立候補の顔ぶれが出揃ったようですが、色々な立場の人がいて、誰を選んで良いのか有権者は判断に苦しむことでしょう。 あるいは組織がらみの集票力がものをいうのかもしれません。

早くから立候補の意思を固めていた宇都宮健児氏は、当方にとって近い存在ではないものの、その人となりをうかがうことができて、一昨年の選挙の時は応援しましたが、今回はその選挙にまつわる諸事項や軋轢などを聞き、支援の気持ちが萎えてしまいました。
宇都宮氏自身が他の立候補予定者のネガキャンをしていると聞き、支持したいという気持ちは風前の灯状態になろうとしています。

それとは逆に、肥後のお殿様である細川護煕氏を担ぐ出した小泉に疑問を感じながらも、幅広い有権者の支持を得られるのではないかと思ったのでした。 脱原発をうたう細川陣営に宇都宮陣営から鞍替えを表明した著名人も多いとのことです。

でも、今日知ったことは、細川陣営の選対者は馬渡龍治、広報担当は中島政希とのこと。
馬渡龍治は桜チャンネルにも通ずる人物らしく、その思考は在特会に代表されるレイシストそのものでしょう。 小沢一郎さんの政治資金問題で検察審査会に訴追したのがこの桜チャンネルの関係者であったという話もありました。
また、中島政希は、政治家でありながら、小沢一郎さんの選挙ポスターを公然と剥がしていたのでした。
小泉チルドレンといわれるような人物が都知事選に加わっているということは、結局小泉の裏工作の中で、何も知らないお殿様が担ぎ出されたということでしょう。
昨日、小沢一郎事務所から、生活の党は細川氏を応援するというメールを受領しました。 かつて敵対した面々が細川陣営に加わっていることをご存知なのでしょうか? 政治の世界は複雑怪奇なのでしょう。

郵貯に代表される日本国民の財産をアメリカへ売り払おうと画策したのが小泉(純一郎)であり竹中(平蔵)であったわけで、今日の貧困社会を生み出した元凶とも言えるのです。
そう考えると、脱原発や反TPPなどの勢力を分断させるために、小泉が画策していると考えた方が順当と思えるのでした。

産経は戦争大好きな田母神を推して、あたかも有権者の大多数が彼を望んでいるかのような、嘘報道を繰り返していると思われます。


また、舛添は都知事職に相応しい人物であるとは到底思われません。 事実かどうか分かりませんが、何人も女を取り替えたとか、婚外子を認知していないとか、身内に生活保護受給者がいて住居地の行政担当者がうかがいをたてると恫喝拒絶したとのこと。
まともな人間性を備えている人物だとは思えず、石原・猪瀬よりもっとひどい弱者切り捨て政策が東京都で行われることになるでしょう。

連合が桝添を(労働組合が桝添を支援するのも変?)、田母神を学会が推す(APAだからたぶん)とか聞こえていますが、もっとまともな人物が出てほしいと思っていたら、居りました。

少しお年をめしていますが、鈴木達夫さんです。
原子力空母寄港阻止などの運動にかかわってきたと、NHKを首にされ、その後ご自分で学習されて、40歳台に司法試験に合格し弁護士をされて来た由。 思想信条が市民と共にある人物であると思います。

初めに戻って、宇都宮健児氏が猪突猛進せず、袂を分かった仲間とよりを戻し、選挙に勝つことを前提に、鈴木達夫さんのような方を引き入れて選挙に望んでほしいとつくづく思うものです。

0 件のコメント: