お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年2月8日土曜日

関東地方を中心に大雪警報が出ているようです

数日前、佐村河内守氏の作品が本人によるものではなくゴーストライターが書いたものと報道されました。
政治家や経済人、大学教授などが書く本のほとんどはゴーストライターの手に寄るものと聞いていたので、音楽の世界も同じようなことがあるんだと、あらためて認識した次第でした。 これまでシンガーソングライターと云われる人の中にも、五線譜をかけずに、着想を口ずさみ、それをテープなどに録音して、専門家に曲にしてもらうんだと聞いたことがあります。
作品のイメージは本人が描くものであり、似たような作品作りと思われ、それほど驚くに値しないと思われました。

そのゴーストライター役の方の記者会見をネット映像で見ましたが、当人の言明にはあまり興味がわかず、質問をする大手新聞社やテレビ局の記者の態度やその内容に注力してみると、いささか「貧しさ」を感じるものでした。
日本の「マスゴミの質の悪さ、ここにもあり」という印象でした。

私が佐村河内守氏の作品のことを知ったのは、NHKの特集番組でしたが、NHKが報道するものはニュースばかりでなく、文化面などでも多くの国民が信頼し見ていることでしょう。
でも、佐村河内守氏の特集番組は、外部から持ち込まれたものだとか、内部での十分な検証が行われないまま番組が作られたようです。

イギリスのBBCは、軍国化する日本政府とその宣伝役を担っているNHKに憂慮し、番組交換をやめたとのことです。
名護市長選の投票結果をニュース番組の一面に出さないなど、NHKは政府方針と異なる報道をことさらに隠し矮小化しています。 東京都知事選が始まって、ラジオ番組で脱原発を話す予定の大学教授の原稿を無理やり変更させたとか、自民党らが推す候補者(マスゾエ)の優勢ばかりを喧伝しているようです。
たくさんの聴衆が集まった細川氏の選挙演説会場の現場写真の中から中心人物の顔をぼやかして、舛添の演説会場に集まったたくさんの聴衆だと、テレビ朝日の報道ステーションは放送したそうで、NHKからはじまって民放各社も、その報道姿勢、そのニュース内容は全く信用できないものです。

佐村河内氏のゴーストライター問題は国民の目をそらすための目眩ましかもしれません。 我々はこういった情報に振り回されるのではなく、日本のマスゴミ(その組織と人)がいかに腐ったものであるかを認識した上で、日々の情報の真偽を自分なりに判断したいと思います。

前段が長くなりましたが、今日は黒姫も大雪になりました。
でも、降り方にムラがあるようで、大雪かと思えば小雪になり、これで止むのかなと思えば、再び降りだすといった一日でした。 でも、昔と比べると少ない。

そんな中、北国街道を通って長野へ用事を済ませに出かけました。 長野市内でも渋滞はないものの、降雪のためゆっくりと皆気をつけて走っているようで、時間のかかる運行でした。
帰りは坂中峠を越えて来ましたが、新雪にタイヤをつっこむとハンドルを取られたり、後輪が滑ったりと、何となく冷や冷やさを感じながらの運転で、さすが国道に入ると通行量が多く除雪作業も早くてスムーズに走れました。

家に帰ると我が家の除雪作業が待っていて、またまた汗ビッショリとなりました。 でも病み(風邪)上がりでもありますので、ほどほどで切り上げ、また明日続けることにしました。
そんな仕事のあとは暖かい飲み物が欲しくなりますが、ここ数日飲んでいるのはホットワイン。
いつの12月か定かではありませんが、札幌の大通り公園のクリスマス市で、飲んだホットワインが美味しくて、それから冬の飲み物の定番になりつつあります。
普通の安い赤ワインにホットワイン用の香料を入れて沸かすことでも飲めますが、今日飲んだのは、「Little Angel with blueberry taste」というホットワインで、口にふくむとトロ味のある美味しいものでした。

夜になって、道路情報を見てみたら、ほとんどの高速道路が通行止めなんですね。 明日も休日だとはいえ仕事の人も多いでしょう。 物流が相当に遅延するでしょうが、それより何より、都知事選の有権者が投票所へ足を運んでくれ、正当な候補者に投じてくれるか気がかりです。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

とつぜん、勝手なお願いなのですが、ご了承ください。
道の駅に イオケの森 という本が置いてありますでしょうか。近いうちに、信濃町を訪れ、購入したいと考えています。時間があれば、よろしくお願いします。

hanguro さんのコメント...

投稿に気づかず失礼しました。
「イオケの森」という著作についてはわかりかねますので、直接「ふるさと天望館」へ問い合わせたらいかがでしょう。
電話は、026−255ー2900。
雪が止んだら確認に行ってみますが、毎日雪除け作業ばかりで出かける時間がありません。
お急ぎでしたらアマゾンに在庫があるようです。