お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年3月23日日曜日

高田世界館で「〜放射線を浴びた〜 X年後」を見る

過日、信濃毎日新聞に「〜放射線を浴びた〜 X年後」という映画が上越市高田で上映されるという記事が掲載されていたと聞き、先週、姦しいオジサンとオバサン5名が車に乗り込み観に出かけて来ました。

1954年、アメリカはビキニ環礁で水爆実験を行い、近海で操業中の第五福竜丸が被曝したことは多くの人に知られていますが、当時の遠洋マグロ漁業ではその他多くの漁船が死の灰を浴び、船員の多くは被曝によるガンなどの発病で早逝されていたとのこと。

当時の日本政府は200万ドル(7億2千万円)という僅かな金額でアメリカから賠償金を得たものの、結局廃棄処分したマグロなどの処分費、船主の損害などに回され、船員の健康被害調査や治療費などには何ら回されなかった由。

元高校教師の山下さんが、その事実を知り、何も知らされずに亡くなって逝った船員達が浮かばれないと、被害調査や生存されている元船員に被爆者健康手帳が交付されるよう活動をされているとのこと。 映画の最後では、遺族の方が「結局は、一番弱い者が何ら助けられもせず捨て置かれている」のが日本の現状だという意味の話をされていました。

チラシの裏面には、「3.11後の日本に投げかける、衝撃の告発。」とあります。
まさに告発の映画であり、これを見て日本の将来を憂うのが、本来の日本人でしょう。

しかし、「捨て置かれている」のが、福島原発周辺の住民のみならず、今まさに原発から放出されている放射能やチリの影響を受けているであろう東日本に住む市民、特に将来の日本を背負って立つ幼児や若者達なのです。
このまま政府の無策が続けば、30年後、50年後の日本を見る思いがしました。
そうならないよう、我々は原子力に頼らなくても良い社会や経済を樹立するにはどんな働きができるか考える必要がありますし、特に日本の50数基の原発は、核兵器製造への助走であることを理解しなければなりません。 人間の叡智では管理できない核をこれ以上増やさないようにしないと、地球は放射性廃棄物にあふれた生命のない惑星となってしまうことを、福島の事故に苦しむ日本が率先して世界に訴えることができる筈なのです。 管理できない原発技術を輸出するなんて言語道断、呆れるばかりです。

チラシを見ると、本映画は自主上映会を催すことができるようで、貸出料は1日3万円+席数x500円とのこと。
また、先の都知事選の時、放射性廃棄物の安全を問う映画「100,000年後の安全」が無料で見られましたが、現在、Yahooの無料動画Gyaoで4月10日まで見られるようです。


さて、はじめて出かけた上越市高田の「高田世界館」ですが、信越本線高田駅からまっすぐ本町通りを目指し、本町通りのホテル角で左折すると、間もなく左側(小さな川と通りの間)に現れてきます。 徒歩で5分ほどでしょうか?
通りの右側には「高田小町」という観光案内を兼ね集会室を備えた商家風の建物があり、その斜め前の路地のような所を入ると映画館の入口となっていました。

駐車場は高田世界館裏の小川との間にあり、一方通行の道から川沿いに入るようですが、止められる車の数は少ないようです。

「高田世界館」は、場末の小さな古びた映画館といった感じですが、この建物は100年を越えて演劇や映画で観客を喜ばせた場所だと聞き、びっくりしました。
階上に昔使ったという映写室があると見させてもらい、薪ストーブの煙突のようなブリキの管が映写機から延びているのを見て、昔の映写技師は汗を拭き拭きフィルムを回していたであろうと、そのご苦労が偲ばれました。
無造作に置いてあるフィルム缶には、日活ポルノ館であったころを思い出させるようなタイトルがついていました。^^;

元の経営者の方が歳を取られ、経営も難しくなったのでしょう、廃業取り壊しを決めた時、篤志家の方々が集まりNPO法人「街なか映画再生委員会」を組織し、映画や興行などで存続させている由。

映画以外に、4月中旬には落語家春風亭昇太を呼んで落語会が催されるそうですが、残念ながら当方の予定が合いません。

地域の文化を担ってきた、文化遺産と言ってもいい、これら建造物や経営などは末永く続けてほしいもので、信濃町からは少し遠い場所ですが、長野市権堂のロキシーともども、良い映画が上映される時は是非見にいこうと思いました。

◯ダスキン 喜びのタネまき新聞no.537より
◯くびき野NPOサポートセンター「ささら」平成25年10月号より


0 件のコメント: