お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年4月16日水曜日

今日の一曲 ー Agur Maria - Naia Robles

7〜8年前、フランスからスペインにかけての、その多くが田舎道や山間の道である巡礼路(カミーノ)を歩きましたが、寄る所々で地域の音楽に触れ、音楽CDなども買い求めました。
そんな中、当時、カミーノを研究テーマにされていた日本の若い女性と出会い、彼女からバスク地方の女性歌手を紹介されたのでした。 歌の意味は分からないし、表現のし用がないのですが、その歌声を気に入り、その後何度となくこのCDを聞いています。


Naia Roblesという名の歌手のようですが、一番気に入ったAingeruという曲はネット上になく、YoutubeにAgur Mariaという曲を見つけました。
Ave Mariaという意味だそうです。


フランスからスペインにかけての北部地方はバスクと呼ばれているようですが、彼女はそのバスク地方の人々の希望の星なのかもしれません。 この曲も私の所蔵棚に入れることにしました。



3 件のコメント:

mak さんのコメント...

はんぐろさん、

なつかしいですね。
カミーノ賛美は地域別の愛唱歌があるのですかね。
フランスでは、Tous le matinsではじまるUltreiaがよく歌われた記憶があるのですが、スペインでは聞きませんでしたね。僕一人が偶然聞かなかっただけかもしれません。

mak さんのコメント...

すみません、スペルがまちがっていました。
Tous les matins ですね。

はんぐろ さんのコメント...

Makさん

直接存じ上げておりませんが、shuttleさんの件は大変残念ですね。 韓国の客船事故と同様に明日何があるのか全く予想もできません。 心して生きなければという思いです。

「ウルトレーヤ」は私も懐かしいです。確かエル・シッドの町でMakさんが見つけてくれた宿ではじめて聞いたのだと記憶しています。 これも記憶違い? 
今、高校時代の同級生がポルトガル人の道を歩いていて、間もなく(明日あたり)サンチャゴに到着するようです。
カミーノの色々な思い出を語る会話の最後には、「体力が落ちないうちに、もう一度はカミーノを歩きたいね」で終わっています。