お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年4月7日月曜日

先週、首都圏の桜を観る

今月から消費税が上がりましたが、それに連動してというか、それ以上に物の値段が上がっているのに気付かされます。
まず電車の切符の値段が10円単位という刻みの関係か、消費税以上に上がっており、スイカやパスモなどのカードで乗車券を購入しないと割高になっています。 宅配料も値上げし、ガソリン価格も高騰。
スーパーへ行けば、こちらも値上がりのオンパレードで便乗値上げはそこかしこ、しかも商品の内容量が以前より減っており実質値上げになっているのです。 社会保険料は知らず知らずのうちに改定と称して値上げ、各種年金支給額は減らされ、国民は日常の生活に困窮しはじめているのではないかと思われるのですが、為政者は人口の1%にも満たない金持ちの意向ばかりを汲んでいるのでしょう。
トヨタやキャノンなど輸出メーカーは消費税分還付でホクホク!

STAP細胞なる物がどんな物か我々にはとんと分かりませんが、発表当初は研究員の小保方さんを時代の寵児として褒め称えていたものが、研究の信ぴょう性が不確かになってくると、彼女一人の責任にし、犯罪者のごとく貶めているのです。
彼女一人の責任ではなく、裏に隠れている上司、理化学研究所、学者群、文部省、そういった諸々の責任を問わずにいる姿は、福島原発事故に通じるものがあります。
「無責任時代」というのは、植木等の映画の中かと思いきや、今や日本の政治、行政、経済、学術などあちこちにはびこっているのでしょう。

やっぱ、「今の日本はどこか狂っている」 と国民が自覚しなければ政治や経済は良くならないでしょう。

さて、黒姫の雪もそろそろ終わりだと思い先月末に離れ、主住場所に戻りタイヤ交換など雑用をこなしている日々ですが、4月に入ってからも黒姫では時々雪が舞っているようです。
黒姫の桜はたぶん27〜28日頃から開花するのではないかと思いますが、まずは首都圏の桜を見ておこうと2〜5日にかけて出かけて来ました。

首都圏ではどこも桜を観るというより、人出を見るという方が当っているような混雑で、しかもソメイヨシノの花弁のほとんどは色が薄くなっています。
物心がついて桜を観るようになったとしても、一生で観られるのは多くて50回ほど。 その少ないチャンスということもあって、桜の開花は我々日本人の心に染みるものであると、誰もが感じているのでしょう。

それでは今年の写真を掲載しますが、この所水平が取れていないスナップが目につきます。 体が右肩上がりになっているのでしょうか、きちんと三脚を立てて構図や水平を考える工夫が必要だと切に感じています。
観桜の最後には、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に参りました。 こここそ、もっと桜の花で埋め尽くしてあげるべきでしょう。 敷地も狭い。 かつての侵略戦争で国民を路頭に迷わせた戦争犯罪人を祀る靖国神社ばかりが崇められ、この墓苑が寂しくあるのにもどかしさを感じるものでした。



0 件のコメント: