お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年5月13日火曜日

「目にあおば 山ほととぎす、、、」の黒姫です

今、黒姫は、「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」という俳句がぴったりという状況になっています。 と言いつつも、ホトトギスの鳴き声を聞いたことがあるのか? 私としてはちょっと心もとないです。
朝5時過ぎ、今、寝起きに聞こえてくるのはもっぱらウグイスの声と名前の分からない小鳥たち。

窓辺から黒姫山を見ると、山麓から新緑がどんどん上がっている様子が見られます。
春真っ只中というより、田んぼに水が引かれ、小動物が飛び交い、日中の気温の暑さを感じると、自然は初夏へと移りつつあるのではないかと感じられています。

今日は黒姫高原スキー場の八重桜を見に出かけました。
まず前山ゲレンデへの分かれ道の所の桜です。


折角の桜の花を電線と電柱が邪魔しているのが残念です。

そしてゲレンデ中腹で見た新緑。


そして、こちらは反対側の斑尾山と野尻湖を俯瞰した風景。


ゲレンデの八重桜は5〜6分ほどの開花でしょうか、蕾が多くて、全体の色がややくすんで見られました。


 斜面に菜の花が植えられ、所々黄色の花が開いていました。 今週末あたりには、新緑と八重の花と黄色の花が良いコントラストで見られるかもしれません。

昨日見たテニスコート脇の八重桜は少し標高が下がっていることもあって、満開を越えて、花弁が白くなっているものもありました。


そして町内を巡ると、この色濃い桜を植えているお宅がかなりあって、あそこにもここにもあるとわかり、最後には野尻湖の湖畔でも八重を見つけました。


一日中、最後の桜を鑑賞しながらも、草むらやヤブの中にゼンマイや山菜を見つけてしまうと、ついつい採取してしまうのでした。 ワラビも採れるのですが、里で採れる短いワラビを地元では芝ワラビと言って、あまり認知されていないようです。 やはりワラビ採りの人は山間に入って太くて柔らかくて長いものしか採らないようです。
ゼンマイに加え、最後のタラの芽、コシアブラ、ヨモギ(成長とともに香りが少なく固くもなって、また虫がつくようにもなります)と、山ウドがとれたので夕食は天ぷらで堪能しました。
間もなくタケノコとワラビの季節になりますが、我々素人には難しいと、今年は山菜組合に入らなかったので、これからは山菜を採取する楽しみがなくなるかもしれません。

0 件のコメント: