お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年6月15日日曜日

報道カメラマン・石川文洋さんの講演会へ

今朝の気温は14度。 久しぶりに青々とした黒姫山が見られました。 こんな日に登山したら気持ちが良かったでしょう。 でも昼ごろから雲が多くなりました。

昨日、長野市で報道写真家の石川文洋さんの講演会があると聞き出かけて来ました。


私が石川さんの存在を知ったのはそう古いことではなく、10年ほど前でしたか、北海道から沖縄まで日本海側を石川さんが歩いて地域のお爺ちゃんお婆ちゃんと触れ合うというテレビ映像でした。 そしてカメラ撮影に興味を持つようになった頃、「石川文洋のカメラマン人生」や古本屋で「戦場カメラマン」などの著作を見つけたことで、石川さんが近い存在になっていました。

講演会は、石川さんが準備された写真をスライドショー表示しながら語るものでしたが、これまでに世界の戦場で見たこと感じたことをつぶさに話したかったのでしょう、話が色々な所に飛び、それを元に戻すという繰り返しで、1時間数十分ほどでは語り尽くせなかったのではないかと思われました。

講演がはじまって、最初に話されたのが、「今の日本は大変危険な状況にある」ということでした。
その1つが、日本国を守るという美名の元に憲法9条の主旨目的がなおざりにされ空文化されていること。 2つ目が、戦争が出来る国にしようとする安倍晋三の存在。 3つ目が、そういった危機的状況を国民が知らないこと、 とのこと。

自民党ばかりでなく日本政府の領袖とも言える安倍晋三、石破、高村らが、戦争の悲惨さ、愚かさを全く理解していないことが問題だとも仰っていました。 人間は専門の書籍を読んだり、専門家の意見を聞くことで、戦争に実際に出かけていなくても、その恐ろしさ酷さを理解することは可能で、そこから安心安全な国民の生活を決める政策が産まれるわけです。
そういった一考を全くしない、安倍、石破、高村らの存在は危険極まりないのです。

第二次世界大戦(大東亜戦争)では、我軍や皇軍という言葉で、自国の優勢ばかりを新聞は伝えていたそうです。 全くジャーナリズムが機能していなかったわけで、1945年の敗戦時、多くの新聞社は日本に不利になるからと、当時の新聞原稿や写真、ネガなどの資料を大量に処分してしまったそうです。
唯一、毎日新聞社だけが残していたそうですが、各社の記事や写真などがもっと残っていれば、戦後処理はもっと良い方向にむかっていたであろうということでした。

沖縄戦では、デマや教唆でしょうか、バンザイクリフから身を投げる人、母親が自分の子供の首を締めたり、父親が鎌で子供を殺したりしたそうです。


そういう殺伐とした時代を作った日本政府は、国民に対して何も誤っていないわけですが、軍人家族には高額な軍人恩給がいまだ支払われている事実もあるのです。

満蒙開拓団からの引揚げに際しても軍隊は民間人の帰国に注力せずにいたわけで、軍隊は民間人を守らないというのは事実だそうです。
ベトナム戦争でまかれた枯葉剤の影響で、現在でもベトナムでは、4世代被害が発生していると、新生児の1%弱は何らかの先天的障害を持っているそうで、母親のお腹にいるうちに障害がわかると堕胎を薦めているそうで、そのため最近では障害児の出生が少なくなっている由。

数年前、私が韓国をたずねた時、陜川(ハプチョン)にある原爆被害者福祉会館で広島の原爆で被災した家族の中には3代に渡って苦しんでいる人がいると聞きました。
戦時中、出稼ぎや徴用などで陜川に住む多くの朝鮮人が広島に来て働いていたそうで、原爆に被災した人は生きながらえても、放射能被害が子々孫々に遺伝し健康トラブルに加え、被曝した家族だからと結婚相手にはならないといった、一種の風評被害でしょうか派生した苦しみにあっているとのことでした。
たぶん広島長崎の日本人家族の中にも同じように苦しんでいる人がいることでしょう。 新聞テレビはそういった事実を発掘し、広く知らしめる役割を担っているはずですが、日本のみならずジャーナリズムは利権利益にばかり拘泥していて、マイナー情報は公にしないのです。

講演会のタイトルは、「福島のこと 沖縄のこと 戦争と平和」でしたが、講演時間が足りなかったのでしょう、福島についての話題はありませんでした。 しかし、枯葉剤でベトナム国民が苦しんでいること、そして広島長崎の原爆でも直接間接に苦しんでいる人が今も居るであろうことから、福島原発周辺に住んでいる人々についてもやがて、同じような苦しみに出合うのではないかと、仰りたかったのではないかと一人合点していました。

軍隊がある限り、平和国家にはならない。

聴衆の多くは年寄りでしたが、講演後の感想や質問者に中間世代の方がおられたのが、今混沌とした日本にあって、わずかな光明かなと感じました。

 中国が脅威だからと、沖縄の軍事基地を拡張し軍備を強化するなんて、実にナンセンスであり、まともに政治を学んだ政治家であったら、そんな政策には出ないでしょう。
経済界をはじめ多くの組織が、無謀で無能な安倍という政治家を利用しているのでしょうが、やがてそのツケは自らが背負うこととなるのです。

講演が始まる前、スクリーンに映像が流れていて、その内容に気付かなかったのですが、今月21日から「石川文洋を旅する」というドキュメンタリー映画が公開されるとのことです。
長野県では、8月2日松本シネマセレクト、8月9日より長野ロキシーで公開されるようです。

会場受付で、「たぁくらたぁ」なる雑誌を販売していました。 「たぁくらたぁ」って北信の方言で、「愚かな人、馬鹿」の意味だそうです。 でも内容は充実しています。
出版元は、オフィスエム
講演会の企画は、秘密保護法やだネット長野 でした。
 

0 件のコメント: