お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年6月21日土曜日

ソウル小旅行へ

新潟空港から韓国へ渡る発着便があると聞き、友人家族と一緒に週初からソウルへ行って来ました。 信濃町から新潟空港までは高速道路を使って2時間あまり、新潟空港からインチョンまでは2時間。 国内線で移動するとほぼ同じような所要時間でしたが、羽田や成田ほどに混雑がなく、大変至便な交通手段だと思われました。

韓国への旅は1年半ぶり。 これまでソウル市内に近い金浦空港を使うことが多かったのですが、今回到着したインチョンは10年ぶりでした。
前回のソウル旅は2012年12月

まずはイースンシン像やセジョン大王像がある大通りから、大統領が住む青瓦台を遠くに見て光化門へ。 そして景福宮。

続いて昔の韓式建物が建つ北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)へ。 近くの韓屋に前回泊ったのは2009年12月。 高台に建つと正面にナムサンタワーが見えました。

仁寺洞であったと思うが、あとで写真を見ると、南大門市場か東大門市場か分からなくなってしまいます。

二日目は昌徳宮の見学から始まりました。
「チャングムの誓い(大長今)」の宮廷女官チャングムは正三品、「宮廷医官ホ・ジュン」は正一品だそうで、官吏の位置関係が、この庭の石でよく分かります。

昌徳宮の右奥には住居になっていた建物があり、韓国を併合した日本帝国が朝鮮王朝最後の皇太子に皇室の方子(まさこ)を嫁がせ、李方子は1989年に亡くなるまでここを住まいにしていた由。 そして戦後韓国で篤志家として活動された方子は皇太子ともども、最終日に訪ねた宗廟に祀られているとのことでした。

セウォル号沈没事故の犠牲者を悼む黄色いリボンが公の建物や広場に張られていました。

市内を流れるチョンゲチョン(清渓川)の遊歩道を歩きました。 かつてはここにスラム街があり、地方から出てきた貧困者がバラックに住んでいたそうで、日々の食べ物にも欠く人々を援助すべく日本の牧師さんなどが大変な努力をされたそうですが、今はそんな過去を全く思い出させないほどに綺麗な散歩道になっていました。

韓国でもコンビニがあちこちにあって、以前はファミリーマートが見られましたが、資本関係が解消されたとか、名前が変わっていました。 また、日本の居酒屋チェーンでしょうか、こんな店がありました。 そして車にも。

3日目は、水原(スウォン)にある韓国民俗村へ三度目の訪問。
能楽や綱渡りを見たあと、古い農家の家や仕事場などを見学。 時間があれば馬上武芸や伝統婚礼式を見られたでしょうが、その時間がありませんでした。 大変広大な場所で韓国の農村の歴史を展示しているのですが、何とここは民間の業者が経営している由。

Youtubeの動画映像から



最終日には、歴代の王様を祀っている宗廟をたずねました。 前庭でしょうか工事中で、矢印にしたがって正門へ。 ここは言語に応じたガイドと一緒に巡るとのことで、ちょうど日本語の時間に間に合いました。 ちなみに韓国語と日本語のガイドは毎時あり、英語と中国語は少なかったです。 それだけ観光客が少ないということなのでしょう。

再び廣場市場(カンジャンシジャン)へ。 豚足や豚の鼻が置いてありましたが、どうやって食べるのでしょう? 勇気がありませんでした。

韓国に来て、Nexus7の電源を入れて、GoogleのPlayストアを開いたら、こんな画面になりました。ちょうどワールドカップの韓国の試合が始まる日であったようです。

そして我がブログを開いたら、URL(アドレス)の最後がkrになっていました。 URL
の末尾はjpのはずですが、この表示から見るとBloggerの場合の末尾の識別はどこからアクセスしているかという意味のようです。

0 件のコメント: