お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年6月24日火曜日

秋山郷を救った佐平次

新潟県と長野県にまたがる秋山郷は、その昔秋山村と称していたそうです。
私も、江戸時代、鈴木牧之北越雪譜を記した秋山郷を、秘境の里として、また苗場山の登山口として、これまで何度かたずねていました。

現代でも豪雪や地震などで時々話題になる秋山郷ですが、浅間山の噴火や飢饉などで秋山村の人々が困り果てていたのをみて、小千谷片貝村の造り酒屋であった佐藤佐平次が救援の手を差し伸べたとのことです。 しかも、救援に使った借金の利息支払いなどを子孫が受け継ぎ、昭和46年まで支払いが続いていたとのことです。 その期間は、何と135年。

足尾銅山鉱毒事件を告発した田中正造はつとに知られていますが、小千谷の佐藤佐平次ともども、日本の歴史の中には単に篤志家と言えないほどに、日本人の誉れと言ってもいい、素晴らしい人がいたんですね。
自己の権益に拘泥し、日本の行き先を惑わせ、旧態依然とした軍国化に腐心している、安倍晋三や石原(親も息子も)、大阪の橋下などとは月とすっぽん、雲泥の社会人であったと言えるでしょう。





秘境秋山郷の歴史http://mebuki.sakura.ne.jp/akiyamagou.html
飢餓滅び行く秋山郷を救った佐平次http://www.saheiji.com/index.html


0 件のコメント: