お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年8月31日日曜日

Makさんが逝く

2006年、スペインの巡礼地であるサンチアゴ・デ・コンポステーラを目指してフランスのサンジャンピエドポーから歩きだした時、ピレーネ山脈を越える峠道で我々が息絶え絶えにしていた所に、日本人の初老の男性2人が追い越していかれました。
わずかに言葉を交わしただけで、彼らは山脈の急坂をどんどん上って、次の宿のある街へ向かって行かれたのです。
彼らは我々よりかなり年上なのに元気に上っていかれ、誰言うこともなく、「ニンジャ」だという声が聞こえていました。
そのお一人が、その後親交を深めたMakさんでした。
早足の彼らは途中寄り道などされていたので、同宿することがあったり、我々がやっとコンポステーラへ到着した時、彼らは数日前に着いていて、フィニステーレという大西洋岸の町まで再び歩いて戻って来た所で偶然再会したのでした。


もう一人の方から「マックさん」と呼ばれ、日本人なのに何故マック?と思ったら、「まことさん」という本名では呼びにくいので、頭の数文字を取ってMakさんと呼んいる由。
しかもアメリカのボストン近郊に住んでいて、何故アメリカに渡ったのか、少しづつ人となりが分かって来たのでした。


その後メール交換やブログ記事などで情報のやりとりをしながら親交を深め、その2年後日本へ里帰りした際、わざわざ長野の拙宅まで来られて、新潟の良寛の里や小布施などを案内したのでした。


さらに2年前の里帰りの時にも再会を予定していたのですが、高齢となり最後の里帰りだと北海道まで足を伸ばされた際、風邪をこじらせ肺炎となり、日本の病院で治療するも長引くとやっとの思いでアメリカへ帰国され、診療の結果、肺が徐々に壊死していく肺繊維症と診断され、余命も提示されていたようです。
それでも遠方に住むご家族の見舞いや治療のこと、介護のことなどをブログにこまかく記されておられました。

我々が、初めてお会いした2006年の前には、四国八十八ヶ所、フランス国内のGR65を歩かれ、翌年からはさらにジュネーブやドイツへ向かって何度も歩かれていました。
それほど元気な体力を持っていた方でも病には勝てないものだと悟った次第でした。
82歳という寿命が長寿であるか早逝であるかは人それぞれの思いでしょう。 でもMakさんは、再び永久の巡礼路を歩かれているのだと、我々の記憶や心の中では生き続けて居られると思っています。


0 件のコメント: