お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年9月26日金曜日

災害にもつよいおれたちのまちづくりを考える集い

今日は、隣の飯綱町で開かれた「災害にもつよいおれたちのまちづくりを考える集い」に出かけて来ました。
第一部では、「生命のことづけ」と題した東日本大震災で被災した障害者にスポットをあてた短編映画を見ました。 この映画で、一般健常者以上に障害を持つゆえに助からなかったとか、避難してからのご苦労もなみなみならぬものがあったことがわかりました。

映画の後は、「東日本大震災から学ぶ災害につよい地域づくり 〜 被災当事者が語る震災の記憶 現在そして未来へ〜」と題して、ご自身も障害を持ち障害者団体(きょうさんれん宮城支部事務局長)で活動しながら全国で講演されているという、鷲見(すみ)俊雄さんの講演を聞きました。
東日本大震災での障害者の死亡率は健常者の2倍以上の由。 障害者がおかれる様々な問題や教訓を生かすためには何をすればいいか? 被災当事者を置き去りにした復興は真の復興ではないと、自助、共助、公助の3本柱で動かなければいけないと締めくくっておられました。

障害を持つ家庭の気持ちを推し量ることは大変難しいですが、日本の場合えてして障害をを隠そうとしたり表に出さないようにする傾向が多いでしょう。 そのため、どの家に障害を持つ人がいるのか地域の人々が知らないことが多いです。
障害という言葉から見る人間としての機能の欠如ではなく、一つの特性として見て、もっとオープンな存在として認識することが我々には必要ではなかろうかと思いました。
昔、山下清という放浪画家がいました。 彼は知恵遅れでしたが、素晴らしい切り絵を残しています。
 障害者の存在が地域に広く知られていることで災害の時にすばやい救済が可能になると思われます。

鷲見さんの講演のあとは、飯綱ボランティア協会の岩手・山田町での支援活動の報告、いいづなみつばちの会の福島ツアー報告会の事前アナウンス、飯綱中学校の生徒による「ひまわり里親プロジェクト」活動報告、そして北部高校の被災地への修学旅行の紹介などがありました。


地元の中学と高校が被災地とつながり、生徒さん達が社会を学んでいる姿に驚くというか、素晴らしいなと思いました。 たぶん先生など職員や教育委員などの支援があるのでしょう。 経済活動(大企業)優先の形骸化した国や県の救済活動、未曾有の事故を起こしながら責任を問われない東京電力、放射線量基準値を上げることで安全としたり不安な原発再稼働を目論む国のあり方などがあるために、 現在東北や福島での被災が風化しつつあるわけで、そんな中での飯綱町の取り組みの一旦を知り、個人として何ができるかなともう一度考えなおそうと思いました。


さて、飯綱町における被災地支援に対し、隣町である信濃町は何をしているのかな?と思い、信濃町にも災害支援の会という任意組織があることは知っていましたが、町としての動きが気になりました。
でも、帰りの駐車場で、信濃町と記された車があることに気づきました。 たぶん信濃町の職員の方も今日の講演会に来られていたのでしょう。 「災害はいつかは来る」という前提のもと、自助、共助、公助というスクラムで、被災を限りなくミニマムにする取り組みはどこの自治体でも大きなテーマなのです。

0 件のコメント: