お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年10月31日金曜日

在りし日の三浦光世さん

作家故三浦綾子さんのご主人である光世さんが昨日他界されたとメールが届きました。

2000年頃からたびたび北海道を訪ねる機会があって、その折旭川まで足を延ばして、はじめて三浦綾子記念文学館を訪ねました。 その後、三浦綾子さんの作品を読みながら、その中に描かれた内容や綾子さんが言いたかったことなどを読み解いてくれる読書会という集まりがあることを知りました。
氷点、塩狩峠、泥流地帯、海嶺、道ありきなど古書店を周りながら著作を集め読んできましたが、森下先生らの解説を聞くと、また読み直さなければと思うことがしばしばあります。

そんなことがきっかけで2010年と2011年には、記念文学館が主催したツアーに参加し、光世さんのお姿にも触れることができました。
穏やかな笑顔を蓄えた、素朴なお人柄とお見受けし、ツアーのバスの中では唱歌がお好きだとか、爽やかな喉を披露して下さいました。

人生の悲喜交交を体験され、人としてあるべき姿を描かれた三浦文学の多くは、綾子さんと光世さんとの合作とも言えるでしょう。 お二人があって生まれたものだと思います。
ツアーで同道させていただいた時の写真をここに残しておきます。

2010年9月塩狩峠を訪ねる旅にて

六条教会で結婚式をあげた時の様子を話されていました。綾子さんが座ったらしい幼稚園生の椅子。


塩狩峠記念館にて

黒岳ロープウェイ駅での移動展の会場にて

前川正さんの写真を肌身離さず持っておられると話されている所です。

記念文学館に戻ってから著作にサインをされていました。

2011年9月 泥流地帯の旅

この時は台風であったか大雨になりバスは冠水した道路をさけ、泥流地帯の一コマを感じさせる旅でした。


昼食(ジンギスカン?)


上富良野の開拓記念館にて、吉田貞次郎村長の娘さんである清野テイさんと撮影。 この時のテイさんは聞き取れないほどの小さい声で話され弱々しいご様子でしたが、このあと間もなく亡くなられたと聞きました。


0 件のコメント: