お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年11月9日日曜日

一茶記念館で森獏郎さんの講演を聞く

一茶記念館の「板画」企画展に合わせ8日に板画家森獏郎さんの講演「棟方志功と俳句板画の作家たち」があるというので、7日には黒姫に戻りました。
2週間ぶりの信濃町は風が冷たくて寒く、家に入るやいなや灯油や薪ストーブをつけてしまいました。 そして8日の朝の気温はマイナスで霜柱が立っていて、真っ赤になったブルーベリーの葉には霜の縁取りができ、ラズベリーの葉にも霜がついていました。



講演会では、まず昭和50年に作成されたという「棟方志功の世界」というドキュメンタリー映画を見て、あらためて棟方志功の生涯を、そして志功の作品の原点が青森の「ねぷた」にあることを知ったのでした。




この9月に一茶記念館が催した「一茶ゆかりの地をたずねる(千曲市)」という日帰りツアーで、森獏郎さんの「杏の里板画館」にお邪魔して森さんのお人柄に触れて、8日の講演もぜひ聞きたいと思っていたのでした。


ただ1時間では十分に話し尽くせなかったのでしょう、話題はあちこちに飛んでいました。 でも30数年にわたって「板画一茶暦」を制作されてきた由。
志功がS17年に「これから私の版画は板画といいます」と宣言された年に、森さんは誕生されたとのこと。 志功は戦前は大原財閥、戦後は東急(五島慶太)の支援を受けてきた由。 志功の作品の贋作は数多くあるので、東急に鑑定してもらうのが良いそうだ。
S27年、志功は疎開先の福光から東京に戻り、芸業展、板画院を組織
創作版画、板画、描く、彫る、刷る→民藝
句板画、俳画、画賛、絵巻、絵草紙


森さんは志功の柳宗悦との関わりも話されていましたが、奇しくも当日の夕に我が家にお呼びした東京からの客人がかつて柳さんの息子さんと親交があって、柳さんは実に静かで温厚な人物であったが、住まいには動物が同居していて大変な住環境であったらしく、稀有な話をうかがいました。


そしてこの当日、野尻湖では船上で「船コン」が催されていたようです。 年に数回、独身者の「出会いの場」を作っていることは知っていましたが、こんなチラシがあることは知りませんでした。 私達の若いころとは違って、今は自由にカップルになれる時代だと思われるのですが、生活(収入の多寡)、不安定な社会保障、家族の目、世間の目、自制心などなどがより困難にしているのかもしれません。 きっかけは何でも良く、豊かな人生になるべく、このような機会が多いに活用されることを望むものです。




0 件のコメント: