お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年12月1日月曜日

高倉健さんに続いて菅原文太さんの訃報に接して

今日の日中も10度を越えて温かく、昼間はしっかりと雨が降っていました。
信濃町役場の新町長が今日就任したのではと、役場の様子を窺いに通ったのですが、28日に既に初登庁されていたようで、信濃町役場Facebookに記事が掲載されていました。


新しい町長が過去2度の選挙で公約された諸々を今後どんな形で進めていかれるのか、町民方はよく見ていてほしいし助言もしてほしいと思います。 選挙は投票で終わったのではなく、新しくはじまった町政に常日頃住民が参画していくことだと思います。
とにもかくにも役場と住民がよく話し合い、憶測や利害ではなく、将来の信濃町を展望した理解が深まることを願ってやみません。

さて、今日は俳優菅原文太さんの訃報に接しました。 先日の高倉健さんともども、銀幕の世界のことはほとんど知りませんが高年の身の処し方を見聞きするにつけ、やはりすばらしい人物であったと知ったのでした。




菅原文太さんは俳優業廃業を宣言し農業に勤しみ、首都圏の選挙などにも態勢に迎合しない、人民の側に立つ声を発しておられました

弁護士・金原徹雄のブログ」さんにも、文太さんを悼む記事が載っていました。

ロシアのプーチン大統領や中国の習近平主席に加え、アメリカ大統領のオバマですら相手にしてくれない日本政府の総理大臣である安倍晋三はこれをどう理解しているのでしょう? 疑問に思わないのでしょうか? 彼の頭の中はどうなっているのでしょう?、不思議でなりません。

(上掲のイメージはFacebookの参加しているグループの投稿から転載しました)

「国境なき記者団」は報道の自由度の観点から日本は世界の中で51位だとのこと。 自民党が衆議院選挙の報道の公正性をマスコミ各社に訴えたというが、ようは自民党を含めた与党に都合の悪い報道はするなという強要でしょう。 NHKをはじめ報道各社は既に政府の言いなりの報道をしており、さらに自民党に有益な報道だけをしろと言っているのです。
そんな日本では、当然51位という、たぶん先進国の中では最下位でしょう。

そういった状況に疑問を持たない政治家や国民の存在にあきれて、高倉健さんも菅原文太さんも生きる意味、生きがいを失ったのではないかと、自分なりに考えてしまいました。

今の日本の政治は、アメリカの言いなりになる、自分の頭で考えない人物をトップに置き、それを高級官僚、マスコミ、大企業、司法、御用学者などが支えているのです。 増税は大企業を富ませるだけで、社会保障の劣化で市民の生活は困窮するばかり、という現状をよく知るべきでしょう。 そういったことの理解の上で次の衆議院選挙には臨みたいと思います。

0 件のコメント: