お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年12月9日火曜日

若者よ大事な一票を無駄にしない! そして年寄りよ変化を求めよ!

衆議院議員選挙の選挙戦は後半になり、たぶん街なかでは賑々しく党名と候補者名の連呼だけの車が行き交っていることと思われます。
信濃町にいて、そのような連呼が聞こえることはないし、テレビを見ない、新聞も読まない、 ただ、時々ネットニュースだけを見ている身としては、どこか遠くの世界のことのようにも感じられています。

しかし、この年末にあって、国民の生活は日々貧しているのに、唐突にも衆議院を解散し総選挙を決めた安倍政権は何を考えているのだろう。 総選挙には700億円もかかるらしく、そんな金があれば、東日本大震災で苦しい生活を余儀なくされている被災者を援助できるであろうし、福島原発からいまだもれている放射能に脅かされている住民も多く、篤い検診や治療に使うことも可能なのです。

これまで安倍政権が、憲法9条をないがしろにして軍国化をはかり、秘密保護法などで国民の言動をしばり、増税やTPPなどによる政治家や大企業への資金還流を行ってきた流れをさらに強め、強い基盤固めをするために解散・総選挙に行き着いたのであろうを思われます。
野党が脆弱なうちに、自民・公明、場合によっては自民一党独裁を図ろうとするものでしょう。

在日朝鮮人などを貶し込め、朝鮮半島や中国に真っ向から対峙して、過去の戦争は正しかった、従軍慰安婦などはいなかったとうそぶくレイシストの存在。 そしてそのレイシストに通ずる自民党の政治家達の存在は、再び侵略戦争を起こそうという機運をもたらすものでしょう。 安倍晋三はロシアや中国ばかりかアメリカにも相手にされず、日本という国も日本経済も、海外からはその評価、信頼度は下がるばかりであることに気づいていない。 そのくせ日本国民の金をアメリカを主とするユダヤ資本、ロスチャイルドなどに貢いでいるのです。

ここで、自民党、公明党という与党を勝たせてはなりません。 また、維新、次世代、幸福などの戦争大好きな極右思想の政党なども論外です。

アベノミクスという意味不明な安倍政権の経済政策は、一見、日本経済を良くしてくれそうに見えますが、あれはマルチ商法と気脈を通ずるもの。 実態のない物に期待を寄せさせて、国民を騙す、過去のバブル経済と似たものでしょう。

日経平均が7年ぶりに1万8千円を越えたというが、あんなものはいくらでも脚色できるのです。 自民党や与党への信頼度、支持者を増やすために経済界と政府が一緒になって操作しているものでしょう。 日経平均が上昇したからといって、我々一般市民の懐が豊かになるわけではありません。
それより対ドル120円をいう円安の方が問題です。 日本の食糧自給率は年々下がり、多くの食品を海外に頼っていますが、円安でスーパーの食品はどんどん値上がりし、電気代など公共料金の値上がりもあって、我々の生活費は苦しさを増すばかりなのです。

増税、食料品などの値上げ、社会保険の負担増、年金支給額の低額化など、国民にとっては憲法で保障された安全で豊かな生活などは全くできなくなるのです。 一方、法人税減額、消費税率アップなどで、大企業は潤沢に儲かるのです。

一般国民の生活を困窮させるような、そして外国と争いを起こすような政党は存在してはならないのです。
自民党、公明党、維新、次世代、幸福には決して投票してはなりません。
確かに野党の脆弱さというものも見られますが、まずは自民・公明勢力の弱体化を図ったうえで、対峙する政党が力を持ってくれることを願っている所です。

Facebookなどに掲載された写真などをここに転載しました。 この絵などを見て、ご自分で考えてほしい。










これが日本という国の政治、行政なのです。 国民はもっと怒るべきです。 香港のデモやアメリカの白人警官が黒人を射殺したという報に多くの人が立ち上がっています。 日本人は何故オカミ(?)の言いなりなのでしょう?

過去の日本の侵略戦争を見直す動きに対し、それは自虐史観だと言い出す輩がいます。
国民から毟り取り、生活を困窮させるような政治や政党を応援するなんて、それこそ自虐選挙、自虐政治参加ではないでしょうか!

若者よ、選挙を棄権すれば、あなた達の未来はないのです。
年寄りよ、変化をおそれず、若者達のためにはどれ(誰)を選べば良いのか考えてほしい。

安倍晋三が深く関わっているというムサシ、パソナ、富士ソフトなどが開票業務にかかわっているようです。 正しく民意が反映されるか、実に心もとない選挙ですが、でも疑惑のない選挙であることを一市民としては信じたいです。

私は、期日前投票に出かけて来ました。 投票を終えた年寄り数名が帰る際、「自民党」に入れたよねと話し、裁判官の国民審査でも白紙のまま投票箱に入れる姿が見られました。 各種の冤罪を作っている日本の司法、体制側に寄り添う裁判官の存在に疑問を持たない、あのような年寄りが日本の悪政を支えていると思ったら、実に情けなかったです。


0 件のコメント: