お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年3月15日日曜日

昨日の「A2-B-C」上映会は盛況のうちに終了、でも

昨日、信濃町で開催した「A2-B-C」上映会と監督のイアンさんとのトーク会は、昼の部と夜の部で、予定した200名以上の来場者があって無事に終了することができました。

来場者の中には隣町の飯綱町ばかりでなく、長野市や小諸、高山村などから来られた方もおられ、映像を見終えてからは皆ため息ばかりの打ちのめされた気分であったようです。
そして、福島原発周辺に住む子供たちが放置されている現状に何かしなければという気持ちを強くされたことでしょう。


しかし、イアンさんのトークの開口一番は、「A2-B-C」上映は明日をもって中止になるというショッキングなニュースでした。 上映については配給会社と3年契約で行っているそうですが、一方的に中止を通告され、今は何をして良いか分からないという表情でした。

配給会社との契約がある間は、上映を勝手に実施することはできないし、今、続編の制作をされているとのことで、制作作業と上映活動を一人で同時に行うことは不可能の由。
映像をネットなどに載せると勝手に流通し、映像に出てきた福島のお母さんや子どもさんに迷惑がおよぶ恐れがある。

昨年、アサヒ芸能という低俗雑誌が、イアンさんの「A2-B-C」を「国際的に福島差別を助長させる映像」だともっともらしく誹謗中傷記事を書いてから、行政その他からの影の圧力があったのでしょう、配給会社が自主規制し公開中止を決めたように思われます。


昨年8月の信濃毎日新聞にイアンさんの記事がありました。 出版(配信)元の品格が感じられるものです。

「A2-B-C」を見て、イアンさんに会い話せば、この映画が伝えたい意図も、そしてイアンさん自身の人間性も知ることができるのです。 イアンさんは、ジャンクフードにまみれた一般のアメリカ人とは異なり、日本人以上にスリムで痩身な体つき、肉類を好まず少食の由。 「清貧」を実践される、実にストイックな人柄とお見受けしました。
中世ヨーロッパの「アッシジのフランシスコ(フランチェスカ)」や今なおアメリカに生きる「ペンシルバニア・ダッチ」や「アーミッシュ」の人々のことが思い出されました。

このような日本の為政者の意向に一方的に沿う、「闇の力」の存在に日本の将来はどうなるのか、閉塞感しか感じられません。 好戦的な有象無象がはかっている憲法(9条)の改悪、辺野古住民の意向に反するサンゴ礁を潰す軍事基地の造成、地震発生頻度がきわめて多い日本にあって目論む原発再稼働、などなど、日本の国民にとって極めて危険極まりない状況下になりつつあるのです。
戦前、作家小林多喜二(三浦綾子著「母」を読めばよく分かります)が不当に牢獄につながれ、自白強要され、そして官憲の手によって殺された時代に戻りつつあるように感じます。

さて、この2月であったでしょうか、福島市が市民に配ったという広報がネットに掲載されていました。 日本の中央政府ばかりでなく、地元地公体まで、住民をないがしろにして棄民政策をしていることがよく分かるものです。
そして、こういう実態は、福島や沖縄の問題ではなく、我々の周辺でもいつ起こるかもしれない事象なのです。


我々は、原発事故により被災した福島から遠い地域に住み、「自分の所でなくて良かった」ではなく、日々苛まれている同胞をいたみ、彼らが再び安然な生活を取り戻せるよう、小さく弱いながらも手を差し伸べたいと心を強くした上映会でした。

0 件のコメント: