お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年5月26日火曜日

ルバーブがどんどん伸びています

暖かさが増すにともない、里で見つかる山菜は少なくなり、いよいよ来月からはタケノコ(根曲がり竹)採りが始まりますが、その前にタケノコ汁のご相伴にあずかりました。


北信地方では、タケノコ汁に鯖缶を入れることが多いのですが、どうしても生臭くなりますので、我が家では、ジャガイモや玉ねぎを加えただけのタケノコ汁を好んで食します。

さて、この一月の間、畑のルバーブ(大黄)がどんどん伸びて、大きな葉がより大きくなっています。
ブルーベリーとルバーブは信濃町の特産品となっていますが、ブルーベリーは全国でもあちこちで植え付けが行われているものの、ルバーブは高度のある寒冷地で育つようで、生産地はどうしても限られているようです。

信濃町ではあちこちの畑の片隅にこのルバーブが植えられていて、茎が直売所にもよく並んでいますが、東京の有名スーパーマーケットなどでは3本程度で数百円とかなり高く売られているようです。

我が家の畑にも、このルバーブが植わっているのですが、肥料を喰うとよく言われるものの、施すのをついつい忘れてしまい、茎がなかなか太くなってくれません。

ルバーブには、茎が青いままのものと、茎のほとんどが赤いものとがあります。
赤いほうが、ジャムやジュースを作った時、ピンク色の良い色をだしますので、好まれることが多いようですが、味に違いはありません。

赤いルバーブの葉を上から見た所で、ひとつひとつの葉が大きいです。
こちらは茎が青いもので、小さい葉がたくさん寄せています。
 茎の根本を見ると赤く、葉に近づくにしたがい青みを帯びます。
 青いルバーブはやや細めです(十分な肥料があれば太いかも?)

ブルーベリーと同様にルバーブもジャムにすることが多いですが、ルバーブの方がより酸味があって、大人の味という感じです。 作り方はどれも似たような感じですが、ルバーブジュース、ルバーブ砂糖漬けなどが我が家の主な使い方です。

今回、ルバーブの砂糖漬けを作ってくれましたが、甘みと酸味がからみ、サクサクとした歯ごたえがあって、お茶うけには最適です。 ソフトクリームなどに添えたら、食後のデザートにいいかもしれません。

0 件のコメント: