お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年8月30日日曜日

「戦争法案廃案!安倍政権退陣」 全国大行動」に呼応して実施された長野駅周辺でのデモに参加

例年のごとく、お盆(盆踊り)の頃になると天候がすぐれなくなるのですが、今年も8月中旬以降早々に雨が降ったり曇ったりという天気が、そして気温も秋を思わせるほどに低くなっています。
今まで夏掛けの毛布より薄い布団をかけていたのですが、いまは羽毛ふとんをしっかりと着て寝ています。

さて、日本の総理大臣である安倍晋三は、その言動に国内ばかりか国外からも批判され、一国の主としてあるまじき姿に蔑視すらされているのですが、ご本人はアメリカにおだてられ何も感ぜず、官僚や学者の声に酔いしれているようです。
政権を支えている、在特会や日本会議などの極右メンバーが全国に増えているとのことで、そんなことも晋三の自信につながっているのでしょう。

でも、安倍晋三が為していることは、中国など隣国との無用な争いを増加、もしくは激化させ、日本をアメリカに売り渡し、増税や社会保障の劣化などで日本国に住む人々をジリ貧状態にさせるものなのです。
自民党や公明党議員の多くは、安倍晋三からお零れをいただくことで、手にする利益、利権が多くなることだけを考えて合意しているのでしょう。

維新の橋下も同様で政界での利権を貪っており、日々の生活にあくせくしている市民がいいように利用されていることに、大衆はまだまだ気づかない。

実に情けないし残念なことです。

そんな中、国会周辺で「戦争法案廃案! 安倍政権退陣!」を要求する集会が行われ、


全国での集会やデモが呼びかけられたと、


かなりの雨が降る中、長野駅前でのデモに出かけてきました。


駅前の東急デパート前周辺がスタート地点ということで、秋雨が降っていたこともあって、どこが出発地で、誰が先導するのか、よくわからないまま2時過ぎ流れにまかせて集団は移動していきました。
結局、デモしたのは、わずか30分ほどの距離でしたが、全国の運動に呼応して長野でも実施されたことに意義があったのでしょう。

デモが終了し散会して、しばらく買い物をしていると、あれだけ降っていた雨が止んでいましたが、黒姫に帰ると再び雨が降っていました。
今日の本州はどこも雨模様のようでしたが、国会前ではかなりの参加者がおられたそうで、こういった市民の行動が、稚拙でおろかな発想しかできない、自民公明など政治家の思考を少しでも変えることができたらと思うものです。




今、国会前で大学生4名が戦争法案廃案を求めハンストを実施しています。 警察、公安などの嫌がらせを受けながら、若い彼らは頑張っています。 一人でも多くの人が彼らにエールを送ってほしいと思うもの。

共産国、ロシア、中国、北朝鮮は悪だと日本国民を騙してきたのが、日本の戦後教育。
チェルノブイリ事故と福島の事故の救済対策を比べた時、どちらが市民にとって篤い処置がなされていたか歴然です。 アメリカに媚びるのではなく、アメリカと対等の関係を持ちたいものです。


オカキの播磨屋藤助。 美味しいおかきを販売されているので、以前しばしば通販で取り寄せていたのですが、毎度、店主の皇室賛美の文章が入っていて、それに嫌気をさして通販を止めていました。
でも、霞ヶ関のどまんなかで、お店を持ちながら、政治家に猛省をうながそうと、次のようなトラックを走らせている姿には、頼もしさを感じ、それからは再び、美味しいおかきを注文するようにしています。
彼が主張する言葉は実に真っ当なのです。




0 件のコメント: