お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年11月15日日曜日

「小さき声のカノン」上映会が長野県信濃町で

被ばく、原発、放射線などの問題と取り組んだドキュメンタリー映画を制作されて来ている鎌仲ひとみ監督の新作「小さき声のカノン」の上映会が、11月15日信濃町で予定されています。

福島原発から今なお漏れている放射線など、周辺の住民は被ばくを余儀なくされ、小児性ガンの兆候がある子供たちも増えているようです。 しかも、その事実が公にされておらず、少しでも被ばくの影響を抑えるための施策として「保養」がいかに大事か、本映画は教えてくれています。

長野県信濃町は、活断層の上に建つという柏崎刈羽原発から80kmの位置にあります。 もし巨大地震により被災することになれば、信濃町も福島と同様の被ばく状況になる恐れがあるのです。
福島の被ばく住民をないがしろにし、棄民政策をはかっている国政に委ねていたら、我々の生命はいくつあっても足りません。 こういう映画から、一人ひとりが被ばくや原発問題への理解を深め地域を守るにはどうすれば良いか日々考えて行きたいと思うものです。



0 件のコメント: