お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年1月30日土曜日

高田世界館で「スケッチ・オブ・ミヤーク」を見る

雪降りが少ない中、昨夜からの雪は豪雪とはかなりほど遠いものの、朝までしっかりと降っていました。 昨夜0時頃、そして明け方、10時頃にも町の除雪ブルが来ていたおかげで、5cmで交通障害を発生するような東京のような状態にはなりませんでした。
我が家の積雪は20〜30cmほどと、信濃町が豪雪地帯だと豪語するほどの雪とはならず、1〜2時間ほどで雪除け作業は終わりました。

さて、今日は、諸々用事を作って、上越・高田へでかけて来ました。
一つは高田商店街にある、杉田味噌で味噌と麹を買うこと、そして、近くの軍ちゃんで食事をすることでした。
杉田味噌は当初糀屋であったと、200年以上の歴史があるとかで、ここの味噌、そして麹を使ったら、他の店のものが使えません。

そして最後の予定が、高田世界館という、復興維持されている映画館での上映映画「スケッチ・オブ・ミャーク」を見ることでした。


宮古島は、私の生活圏からは地の果てのような存在ですが、かつて薩摩藩から蹂躙され人頭税を課せられて、貧しい中で自分たちの生き様を伝えてきた島の人達の姿をこの映画は写していました。

映像に映しだされた人達は、年齢80,90の人達で、半生のご苦労が顔や手にヒダとして染み付いているようでしたが、伝承された唄、そして神々を尊ぶ中で、人として生きることの奥深さを感じさせるものでした。
その神々を尊ぶ姿は、台湾の高砂族など高地に住む人々の姿に似るものがありました。


そういった中でも、過疎化の波が押し寄せ、伝承文化が閉ざされそうな時を心配されているお年寄りもいましたが、10歳ほどの少年が三線をあやつり歌う姿がひとつの希望のようにも思えました。

映像の最後では、東京での演奏会の模様を伝えており、聴衆ともども宮古の踊りに興じていましたが、踊り方を見ていると、信濃町でいつも見る盆踊り大会での踊り方と大変似ている感じがしたのでした。 人が平安を念じる思いというのは、時と場所が変わってもかわりようがないのかもしれませんね。


0 件のコメント: