お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年3月31日木曜日

安保法制抗議集会へ

ここ2週間近く信濃町を離れていて、その間にも雪が舞った日があったようですが、総じて温かくなって来ているようで、雪不足に悩まされたスキー場は数日前に早々と営業をやめた所もあるようです。 本来なら3月末日あるいは今週末までの営業予定であったでしょう。

さて、十分な論議を経ずに、また平和憲法を無視し、無理やり成立させてしまった、憲法違反の安保法制が29日に施行されました。 これに抗議する集会が国会議事堂周辺であるというので、東京へでかけて来ました。


議事堂周辺へ出かけるのは数十年ぶりでしょう、大きな集会の時には近くの地下鉄駅は閉鎖されてしまうというので、青山から歩きましたが、「お上りさん」は道を間違え、あちこちの交番で道を聞きながら、それでも6時前には議事堂正門前に到着。
時間が早かったため、お立ち台に近い生け垣に自分の場所を見つけました。

日本山妙法寺のお坊さんが打つ団扇太鼓の音が、平静を装う自分の心に、
「戦争をする国」、
「あまたの艱難辛苦、人的災害を強要する国」
 に日本を変えようとする政治家への怒り、憤りがムラムラと沸き起こって来るのを感じました。


いよいよ集会が始まるかなという頃、播磨屋助次郎の白いトレラーが3台通りすぎて行きました。


(みなさん、安倍政治を糾弾している播磨屋の美味しいおかきを買いましょう!)

本日現在の播磨屋HPから

6時半、まず戦争法に反対する国会議員の挨拶があり、民進党枝野、共産党山下、社民党吉田、生活党玉城の各氏でしたが、山下氏と玉城氏の挨拶が実に明快で、他の二人より一歩も二歩も抜きん出ていたように思います。


以降の方々はよく聞き取れなかったのですが、宮城県から来たという若い女性の話も明確で良かった。

合間、合間に、ラップ調のシュプレヒコール。

「安保法制ただちに廃案」
「安倍ただちに退陣」
「安倍から日本を守れ」
「自衛隊(員)を守れ」
「税金を国民に使え?」 等など

サンケイなどは、「安倍」と呼び捨てていることに失礼だと盛んに彼らを非難する記事を書いていますが、人殺し部隊を創成して、国民を蔑ろにし、増税や社会保障劣化、TPPなどなどアメリカ(政府もしくは特定の勢力)べったりの政策、そして政治家や大企業のための政策を展開している以上、「アベ」と吐き捨てている方が正当なのです。

8時半になり、一部と二部が終了。 照明やマイク設備の撤去というか、設備の縮小がはかられ、まだ集会は続くようでしたが、身動きできない状況(直立不動)で疲れてしまい、我々は集会を後にすることにしました。 ネット検索すると、学者先生方などの挨拶など、その後も色々な方が登壇されていたようです。

会場近くで、色々なチラシをもらいましたが、こういったものを見ても、日本の軍国化はすぐそこに来ていると感じられます。 その軍国化は市民を守るためでなく、政治家や大企業の利権ためだけなのです。
次の国政選挙では18歳からの投票が可能になるとのことです。

戦争国家に邁進している、自民党と公明党の政治家を、まず落とすことが緊急の課題。

アベから始まって大臣の経歴詐称、賄賂、政策費の飲食やホステスへの流用。 パンツ大臣と揶揄されている政治家もいるのです。

自民党が次の選挙に出そうとしている、今井とか乙武とか、相変わらず醜聞が絶えません。 戦前戦後を通じてその実態がないのに、日本共産党を暴力政党だと言う自民党には物事の道理が通じない、メチャクチャで自分たちが正しいというだけの思考しかないのです。

二号、三号を侍らせるのも権力者の能力だと考えるのは昔。 今や、清廉潔白な人物が政治家に求められているのです。 山本太郎君のような、日本の将来を真摯に憂う人を政治の舞台に登壇させるべきなのです。

戦争は、軍需産業を富ませるだけで、自衛隊員が海外で人殺し活動をし、その結果、荒んだ心を持つ隊員は帰国してから、戦地での自分の行為に苛まれ自殺したり、犯罪行為をするかもしれません。
アメリカの海兵隊は、自分の頭で判断せずに、直感で相手を殺すよう教育されているそうで、その結果、アメリカでは元海兵隊員による犯罪が急増しているとも聞きます。

敗戦直後、駐留アメリカ兵に日本政府は(慰安)女性を提供したそうで、日本の安全を保障しているのだからレイプしても問題ないという意識がアメリカ兵の中に未だあるのでしょう、先日沖縄の女性がアメリカ兵によってレイプされていた、そんな社会不安が日本のそこかしこでも起こる可能性を秘めているのです。 海外派兵は国内、一般社会にも混乱を招くだけです。 戦争法はあってはなりません。
自衛隊は国内に視点をおいた、自衛のための組織・活動に徹底すべきなのです。







0 件のコメント: