お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年3月31日金曜日

「信州の山から阿蘇の山へ」熊本地震被災地へ

(4/12追記)
Yahooニュース4/4の、熊本県知事へのヒアリング記事にあった阿蘇大橋崩落現場の空からの写真。
この写真の右上の赤い屋根が、東海大学の学舎に通ずる道にあるレストラン「まるでん」。被災地をたずねた最終日に、営業再開に向けての建屋内の片付けを手伝いました。
そして、同行された長野放送のスタッフが制作された被災地の映像が12日(水)夕方6時頃に放送されるとのこと。
当方は、信濃町を留守にしていたし、そもそも我が家にはテレビがないので、見ることはできなかったですが、一緒に行った若者のコメントが印象的であったと、後刻信濃町から伝わって来ました。(追記了)

3月26日、信濃町議会議員選挙の投票結果を聞くこともなく、微力ながら熊本地震被災地への慰問コンサートと片付け援助などに出かけました。

選挙結果は、やはり地縁、血縁で得た候補者が多かったようで、住民の認識が旧いというか、思考が単一のように思えました。 憲法9条や自衛隊の海外派兵とかオスプレイ問題、税金や社会保障などなど、国政レベルの問題であっても、住民一人一人が考える問題であり、それらを町の議会を通して国政に伝えるのは大変大事なことで、候補者が町民の生活安全を考えなければという、認識を持っているかということも投票にあたっての判断基準になる筈なのです。

日米安保条約があって、アメリカの保護のもと、共産国というロシアや中国、北朝鮮から守ってもらうのだという、戦後、国によって教唆された思考に拘泥している方が実に多いと感じられます。 でも、アメリカは日本を利用しているだけなのです。 彼らは日本を守ると言いつつ日本国民の金を巻き上げるための手練手管を弄しているのです。
安倍政権が敵国と称する国々が日本を攻めるにしても、日本列島が戦場になるだけで、アメリカ本土は何も痛まず、日本を介在せずに、敵国と外交交渉をし、自国の利益を求め、日本は見捨てるかもしれません。 大国の論理なんてそんなものなのです。

そういった思考もなく、自公政権におもねているかも知れない候補者に投票するなんて、実に愚の骨頂と思えるのですが、そこまで思考が及ばないのが、日本各地で行われる地方選挙なのでしょう。


さて、東日本大震災被災地への救援活動を機に、信濃町に「災害支援信濃町連絡会」という組織が生まれ、現実に被災地でのきめ細かい被災者援助作業を展開されている「OPEN JAPAN」という組織の中心に居られる吉村誠司さんの手助けで、これまでも石巻などへの支援活動に出かけていましたが、今回は被災1年目となった熊本地震の被災地へ出かけることになりました。


参加者12名は、北陸道、名神道、阪神道経由で神戸へ。 神戸から大分まではフェリー、そして大分からは再び車利用。 音楽家4名は空路熊本空港へ。

まずは、道の駅で「かなばあちゃん」のお出迎えでしたが、あいにく天気が悪く、阿蘇連山は雲の中。


別荘あるいは老後に「終の棲家に」と建てられた家であろう、高野台住宅の被災状況を見聞。ここでは5名の方が亡くなられたとのこと。

つぶれた自動車が何台も放置され、その状態を見るだけで、地震の大きさを感じました。

建物に損傷があったものの住み続けられる方に、長野から同道してきたテレビ局スタッフがインタビューをしていました。

こちらは東海大学の学生さんが寝泊まりしていたアパートで、1階の車庫は跡形もなく、車は潰れていました。

崩落してしまった阿蘇大橋の現場です。 この橋がないため、現在はかなり遠回りを余儀なくされているようです。

この大橋の崩落は、揚水発電で山上に上げられた水が一気に流れ落ち、土石流のような形で橋を壊してしまったとのこと。
この谷の底で、親御さんが必死に探された最後の学生さんが見つかったとのこと。

午後からの仮設住宅でのコンサートに備え、事前に用意してきた「お焼き」を蒸す作業。 この作業の間、雹やアラレが降っていました。 雪国にいるような寒さでした。

近くの仮設住宅は地元の木造りで、何気に温かさを感じるものでしたが、他の仮設では東北で見るようなプレハブでした。

羽田からの空路でかろうじて間に合った演奏家のコンサートを終えて、皆さんと「お茶っこ」。 「お焼き」と「フルーツケーキ」、「延命茶」を皆さん堪能され、さらにお土産として差し上げました。
テレビクルーは、ここでも再びインタビュー。

翌日は一転快晴の空で、根子岳など阿蘇の連山が見え、山頂の谷あいには積雪がありました。

夜中に雹が降ったようで、車のフロントガラスにしっかりと氷がついていました。

標高600〜700mにある、地獄温泉、垂玉温泉の復旧活動に関わっている、「OPEN JAPAN」の面々の案内のもと、不要となった廃材を整理し、分別処理場へ運ぶ作業の手伝いをしました。

金物類や衣類布団などを分別しトラックに積載。

作業の合間に、旅館内を見学。 白く濁った温泉は体に良さそうですが、でも熱いとのこと。
「仇討ちの湯」という名の外風呂がありました。 上下に浴槽があり、昔は上が男性、下が女性でしたが、下を覗く男性が多く、ある時から上を女性、下を男性にしたそうで、そういった所から名付けられたそうです。

傾いた屋根がそれ以上にならないよう、当て木をした作業の説明を聞く。 来月にはここで復旧イベントを行う由。

100年以上を越えた建物だそうで、梁や柱がとてつもなく太かったです。

処理場への運び出しを待つ軽トラ。

午後からは温泉施設でのコンサート。午後と夕方と2度行いましたが、どちらも盛況で、演奏後の「お茶っこ」にも集まってくださり、地震発生時のこと、生活のことを明るく話されていて、これほどまでに明るくなれるのかと、逆にこちらが教えられるような場でした。


最終日は、レストランのオーナーが営業再開にむけて準備をされていると、被災した店舗から机や椅子、照明器具、エアコン、食器類などを運び出して、倉庫へ搬出の手伝い。
わずかな時間でしたが、多勢ですと、意外に片付けがスムースに行われるのでした。


最後の演奏会は益城町のとある保育園。 後刻聞く所によると、園児たちがたいそう喜んでくれ、手拍子をしすぎて疲れてしまった子供たちもいたとのこと。 我々は雨降りの中、益城町周辺の被災状況を見聞。

熊本ラーメンを食す機会を逸してしまいましたが、益城町内に1月から営業しているという復興商店街の食堂で食べた、「魚(鯖)定食」「チャンポン」が美味しかったです。

でも、益城町では他町への人口流出で空洞化を心配される方もおられるようで、震災が住民に与える影響はなかなか消えることはないようです。

そして大分港から帰路。

今回の短い時間内にボランティア活動に参加されている若者たちにも会いました。 被災地の現状を見るという単純な参加動機でしたが、被災者の明るさに逆に我々が勇気づけられると同時に、「明日は我が身」で、いつ身の回りで災害が起きるとも知れず、常々準備を怠らないよう、日々の生活の見直しの必要性を感じました。

また自分の身の回りを見て、家財道具など、持ち物を減らす必要性も感じました。

十数年前、高森田楽の里で、美味しい焼き物と酒で良い気持ちになり、根子岳が見える公園で一時満ち足りた記憶があったので、宿泊地に期待していたのですが、泊った「休暇村」では冷めた料理ばかりで、連泊なのに、翌日も全く同じ料理で、しかも食事中なのにオーダーストップと、つれない返事で、だいぶがっかりでした。 それだけが残念でした。

神戸には、阪神淡路大震災を忘れないためでしょう、「人と防災未来センター」があります。 こういった施設を見学することも、災害に対する認識を新たにすることができます。

こちらは入手した小冊子やパンフレットで、地元建設業者が「くまもと型復興住宅」を提供すべく情報を提供されている由。 どれも平屋でした。





0 件のコメント: