お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年5月17日火曜日

農山村生活体験のはじめての受入体験

都会の子供たちに田舎の自然や生活を知ってもらおうと、農家民宿をここ信濃町でも数年前から行っていることは知っていたのですが、我が家は農家でもないと関わりを持つことはありませんでした。


ただ、知り合いから農業だけでなく自然あふれる環境での生活体験なら何でもいいのだと薦められ、今般受入の会に参加し、昨日、中学3年生4名と短い時間でしたが生活を共にしました。

まず初めに準備しておいたのは、信濃町について知ってほしいことを簡単にまとめたレジメ作り、そして信濃町の自然を写した写真を数枚。



我が家の畑は猫の額ほど。

体験してもらったのは、ジャガイモとネギ苗の植え付け、そしてルバーブの収穫とジャム作り。 さらに薪作りといったものでした。





たぶん普段は土いじりをすることもないだろうし、鍬で畝立てをすることもないでしょう。 我々には当たり前のことが彼ら彼女らにとってははじめての新鮮な体験であったようです。

折角信濃町に来て、農作業だけで信濃町のことを記憶に留めないのは勿体無いと、空き時間を作って、町内のミニツアーを実施し、ヤギさんをはじめ、柴津・称名寺の「石の鐘」、象の小径、国際村、ARストーン碑、ナウマンゾウ、中村与平さんの「村のかじや」、ヴォーリス設計の「信濃村教会」、一茶土蔵などをめぐり、最後は天望館の「牛乳ソフト」で締めくくりました。



食事は、家内が焼いたパンと畑でなったブルーベリー、ルバーブ、ラズベリーのジャム。 加え、取り合わせが悪いですが、黒姫山麓から取れたネマガリダケの味噌汁などなど。
どれも好評で信濃町の食を満喫していました。


生徒さんたちを迎えた時には、校歌や「しなのの国」の斉唱、送り日には、扇子を使った踊り(器械体操)?を披露してくれました。 前後に色々な方の挨拶がありましたが、とにかく挨拶は短いほどいいものです。 私には式次第が長過ぎるように感じました。



はじめての子供たちの受入でしたが、子供たちは実に可愛い。
我々の見えない所では、悩みや不満、友達との軋轢、親との葛藤など色々あるのでしょう、勉強や成績で締め付けられるような日々にあって、一時ゆっくりとした時間が持てればと夜は自由にしたのですが、早々に休んでしまったとのこと。 やっぱり彼女ら彼らは疲れているのでしょう。

信濃町の自然に触れてもらい、将来思い出して再び信濃町を訪ねてくれるかもしれないし、今回のような受入が一服の清涼剤となれば、それなりに意義のある企画だと思われ、今後も受け入れに努めて行きたいと思っています。


初日は、生暖かい風が吹いて半袖を着るほどでしたが、翌日信濃町を離れる時は雨降りで気温は12度ほどと寒く、夕方になってやっと翌日の晴れが予想できる空になっていました。


0 件のコメント: