お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2018年2月28日水曜日

2月も末日となり、明日は3月

2018年となって早や2ヶ月が経ってしまいました。
年月が経つのは実に早いもので、学生時代の授業時や新米サラリーマンの時の時間経過は実に遅かったですが、時というのは経てば実に早いものだと実感する今日この頃です。

1月末日に最低気温マイナス14.5度を記録しましたが、2月に入ってマイナス10度を下回った日は、5日ほどで、あとはマイナス4〜8度の間を上下していました。
そして今朝は何とプラスの1度で、日中は8度まで上がっています。
徐々に強くなって来た窓辺の日差しと薪ストーブの暖房で、室内の温度は29度まであがり、汗をかいてしまいました。 もう春なんですね。

降雪は18日の未明までで、その後は小雪はあっても積もらず、車の往来が多く日当たりのある道路には雪はなく乾いた所も多くなりました。

先日は、シベリア方面に渡る雁であろうか?、50〜100羽の群れが北方へ向かって飛び去って行きました。

そして晴れても、空の青さは薄く、どことなく霞んでいるようにも見えます。



一週間前から、雪が残っているうちにと、来年用に南側に積んであった薪をスノーダンプに載せて、手元の薪小屋に運び入れました。 いつもは一輪車で運んでいるのですが、雪が残っている時期には使えませんし、薪材を購入すると通路が塞がってしまうと同時に、6〜7月頃に作る薪の置き場所を準備しておく必要もあるのです。


そして、玄関前の雪は踏み固まって氷となっており、そのまま歩いたのでは転倒の恐れがあるので、アイスピックルという道具で割って排除しました。 除雪あるいは排雪ではなく、「除氷」「排氷」作業ですね。 厚さ5cmほどになった氷を割るのはそれなりに骨ですが、これも運動になります。


あと残雪が少なくなってくると、愛犬の散歩をされている方が残したお土産が現れてきます。 犬の「糞」、「クソ」ですね。

犬の散歩の時、片手にリード、もう一方にスコップを持っている飼い主の姿がよく見られますが、犬がした糞の上に雪を被せて隠し、そのまま放置する人が多いようです。
それも我が家の玄関前で糞をさせているのです。 空地の多い地域ですので、迷惑にならないような、不快な思いをさせないような気遣いをしてくれれば良いのですが、飼い主の意識の無さ、いい加減さに気分を害されてしまうのも、この時期なのです。

2月ともなりますと、山間部では積雪量が増え、しかも極寒の自然界の有様を楽しむために西洋カンジキを履いてよく出かけていたのですが、今年は寒い日が多かったこともあって出かける気になれず、今月は蟄居の月となりました。
そんな中でも、講演会などに出かけ学ぶことは多かったです。

映画「密偵」
韓国の俳優ソン・ガンホ主演の、日本統治時代の独立運動とそれを阻止する役目の韓国人警察官の攻防を描いたもので、最後は独立運動に加担しパーティー会場に残りの爆薬をかけてしまうのでした。
日帝時代の映画ですから、韓国でヒットしたのは当然でしょうが、映画の作り方、音楽の配置など、ハリウッド映画と同等か、それ以上の作りではなかったかと思いました。



俳優ソン・ガンホは、我々のお気に入りで、ノ・ムヒョン元大統領の若い時を描いた「弁護人」は良かったし、光州事件を扱った「タクシー運転手」はどうしても見たいと思っています。

改憲問題講演会
坂城の教会で、政府与党が企んでいる憲法改悪についての問題点、賛成反対の現況などについて、ICUの稲先生から説明があり、今年から来年にかけてが正念場である由。
政府は高校などの授業料無償化など飴をぶら下げ、憲法改悪に邁進しようとしており、騙されてはいけないということです。 奨学金制度についても多額な利息を含め、10年で完済できれば御の字で、20年を越える人もいるらしい。 そもそも奨学金に対し利息を負担させることが間違っていると思う。

レジメの冒頭だけを掲載。

稲先生の言葉の端から、どうも同窓ではないかとうかがうと、その通りでした。
我々が出た学園は、今や受験校となって、毎年有名大学に数十名という単位で進んでいるとのことで、その学生達が官僚や政治家となって、今の与党政治を支えるとしていたら、本末転倒ではないか、学園創立時の理念をもう一度思い起こしてほしいと、ともに認識を一つにしたのでした。

憲法改悪に対する署名が3000万を越えることが、歯止めの第一歩とのこと。
重税、非正規雇用、残業手当廃止(裁量労働制?)などなど国民を縛る手練手管は、憲法改悪に代表されるものなのです。 現政権に疑問を持つ人は、この署名活動にぜひ参加してほしいと思います。


「辺野古ゲート前の人びと」上映と講演会
沖縄・辺野古米軍基地の拡張工事に対し、ジュゴンの生息地など自然界を壊し、軍事基地という住民にとっては不要なものに対し、異議を唱え、工事への阻止活動を展開されている様子を映したものでした。

そこでは警察官、海上保安官、警備会社アルソックの非道、暴力が日常茶飯事なのです。
住民の団結意志を削ぐため、強制排除の際は、一般に見えない所で腕をへし曲げ、強度の痛みを与えるなど、姑息な所作が頻繁に行われているのです。

上映後、監督の藤本幸久さんと影山あさ子さんが、今の辺野古の状況、名護市長選挙で政府寄りの候補者が当選した結果などについての話がありました。

韓国では、済州島(チェジュド)の西帰浦(ソギッポ)カンジョン村に米軍のための海軍基地が多くの反対があっても作られてしまいました。
その場所にあった、クロムビ岩という、30万〜10万年前に出来た、住民にとっては神聖な一つの大きな岩を崩してしまったそうで、辺野古のジュゴン生息地をつぶして基地を拡大しようとする、日本の政策と同じ状況が韓国でも見られています。


沖縄県が発行している冊子をいただいてきました。 辺野古基地建設の問題点などわかりやすく解説しています。


その裏表紙に、米軍属による犯罪の発生状況などが記され、一方的に沖縄に負担を強要している実態が分かるようになっています。 これだけを見ても、基地の存在は住民にとって大きな負担となっており、ある部分不要な存在と思われるし、自衛隊の軍隊化がすすめば、同様の事象が国内のあちこちでも起きるものと危惧されます。


2年前、辺野古へ行った時の写真を掲載します。 あの時と比べ、反対住民にとって、今はもっとひどい状況になっていると思われます。 反対運動の中心におられた山城博治さんを軽微な罪で捉え、長期にわたって牢屋に拘束するなど、日本の司法は政権に拘泥し、そこには正義が全くありません。
山城さんたち3名について、来月には一審判決があるそうですが、ヒラメ判事では、政権与党に沿ったものしか出ないでしょう。 そう、日本の政治は、行政も立法も司法も全て、狂っているとしか言いようがないのです。



二・四事件
「二・四事件」とは、1933年(昭和8年)2月4日を皮切りに、ファシズムと戦争に反対し、平和・民主主義・人権のために活動した長野県下の教師・労働者・農民・青年が悪名高い治安維持法によって弾圧された事件であった由。

「教員赤化事件」として、国家権力が弾圧したものだが、その多くは共産思想とは相容れないものであったとのこと。

その後、「満蒙開拓青少年義勇軍」が組織され、長野県下の若者は多く満州に送り出され、敗戦後その多くが帰国てきなかった。
他県とくらべ、長野県から異様にに多くの若者が満州になぜ渡ったのか、その理由が分かりませんでした、「教員赤化事件」での無謀な取締の結果、教員をはじめ役人などが、率先して若者を満州に送ったと分かったのでした。
この時すでに、「忖度」があったのです。

しかし、満蒙開拓団といっても、満州では地元住民の土地や財産を取り上げるだけの、搾取の一団であったそうです。 そういった事象と、この「二・四事件」を比べると、かつての日本が大陸で行った欺瞞がよく分かるものです。




今日の投稿の最後に、Facebookからいただいた写真を掲載。
ヘイトや煽りなど、狂った日本政治の中で、垂れ流しのニュースや情報を真に受けるのではなく、自分の頭で考える若者が出て来ることを願うばかりです。

2018年2月27日火曜日

佐川国税庁長官の退任を願う

昨年の収支に対する税務申告の時期がはじまって、そろそろ前半が終わる時期となりました。
当方では代理人に手続きをお願いしていますが、先日連絡があり、従前と同様の追加納税になるとのこと。 種々の税金や社会保険などなどを払っていながら、さらに追加の納税が必要だと、手元に残る資金はジリ貧の一途なのです。

自民党の甘利明はUR都市再生機構への口利きで金を授受したと大臣を退任したものの、相変わらず議員として存在。 実態は不明ながら、アベシンゾウも籠池や加計問題などで暗躍している模様、地公体を含め長や議員は政務活動費などを本来の目的ではなく、飲食や遊興費(キャバレーやキャバクラなど)などに流用し、ガソリン代を計算すると地球を一周や二周できてしまい、そこには明らかに作為というゴマカシがあるのです。

それだけデタラメが横行しているのです。
一般市民が怒るのは当然の帰結だし、明らかにするよう要求するのは、当たり前の権利なのです。

国税庁長官に天下った(?)佐川についても同様の疑問が発せられています。
彼は、国会や委員会で事実を述べずにはぐらかしたことで、アベ政権の覚えめでたく国税庁長官の職を得たわけで、国民が納めた税金で飯を食っている輩がそんないい加減なことをして良いのですか?と問いたいと誰もが思っていることでしょう。

差し押さえ物件を佐川が取得し自宅にしたなんて、その経緯や値段は分かりませんが、それこそインサイダーで、犯罪でしょう。
今の日本では、政治家(与党の)や高級官僚の収賄などはお咎めなし、司法が全く機能していません。
お隣の韓国では、朴槿恵前大統領に対し、懲役30年が求刑された由。 韓国の方がよほど民主主義が生きていますし、司法が機能していますね。
日本の政治のダメサ加減を日本人はもっと知るべきでしょうし、国民ひとりひとりの権利として浄化を要求すべきです。

ネットから切り取った佐川関連記事を掲載しておきます。






平昌冬季オリンピック(前半)が終了

平昌(ピョンチャン)オリンピック(前半)が終了した。


今や、オリンピックというのは、国威発揚のための道具であり、金食い虫となっています。
IOCへの招致運動には多額の金がばらまかれ、決定委員への裏金など表に出せない金が多いとも聞きます。
かつて長野での冬季オリンピックが決まった時も、当時ばらまいた金を記す帳簿があったそうですが、市民が問題にしたものの、招致委員会は廃棄してしまったと、闇に包まれたまま、今となっては、皆そのことすら忘れてしまっています。
そして、現在の長野市内を見た時、オリンピックが開催されたという痕跡がわずかに残っているものの、ボブスレーの施設は維持が大変だと廃止されるなど、住民の記憶からもほとんど消えつつあるように思われます。

オリンピック開催までの施設作りなどゼネコンなど県外の関連企業が儲かるだけ、長野が脚光を浴びたのは一時だけで、地域住民には何もメリットが無いのです。 その後の長野経済は低迷の一途で大手デパートは撤退し、今残っているのは、長野駅前の「ながの東急」のみ。 大手金融機関の支店も少なく、長野にいて困ることは多く、振り返ってみてオリンピックがあって良かったという、その効果が何も見いだせないでいるのです。

平昌が、長野の轍を踏まないことを願うばかりです。

◎市民団体が平昌五輪視察「環境破壊に人権侵害、日本と同じ問題」◎

2020年に、東京にオリンピックを誘致する際、アベシンゾウは、「福島はアンダーコントロール」だと宣ったものの、その後も福一からは放射能が垂れ流し状態にあるのです。
ゼネコンを儲けさせるためだけのオリンピック誘致なのに、国民は騙されているのです。
実態の分からないアベノミクスに踊らされている国民は、株価が上がったと喜ぶものの、欺瞞の景気策はオリンピックまでであろうというのが、一般的な見方のようです。
それまでに政府は与党体制を強化し、憲法9条を無力化し軍事国家へ邁進し、色々な形で国民を縛る仕組みを作り、2020年以降、国民はロボットのように働かされ、政府による搾取が蔓延するものと思われます。

今日、アソウタロウは、「コーチに金かけた結果、五輪最多メダルに」と宣ったそうです。
ある意味、彼は正直に話したのでしょう。
基本的には選手が持っている資質がメダル獲得につながったのでしょうが、でもえり優れたコーチを確保しなければ世界の強豪と競いメダル獲得にはつながりません。

信濃町出身のクロカン選手も、平昌オリンピックを目指して切磋琢磨し、国外国内の競技大会で成績を残すべく努力をしていましたが、所詮、信濃町周辺の企業や個人の応援だけでは大きな力にはならなかったのでしょう、オリンピック出場選手には選ばれませんでした。

国や組織、そして多額な資金の応援があれば、彼も出場が可能であったでしょう。

オリンピックと言ったって、所詮「金」の世界なんですね。
だから続けることの意味は全くありません。

そして、国は国民の国威発揚にオリンピックを利用するわけです。
オリンピックの試合中継を見て、一喜一憂している間に、政府は国民を騙し都合のいい政策にご執心になっているわけで、オリンピック放送は政府の策謀に利用されているのが実態なのでしょう。

我が家にはテレビがなく、テレビ放送に一喜一憂することはないのですが、政府による種々の画策に惑わされないよう、オリンピックにも拘泥しないわけです。

そう言いつつも、スピードスケートの小平選手のメダル獲得には、獲得そのものより、彼女の人間性に本当に感じるものがありました。
しかも、これまで長野県松本市にある相澤病院がサポートされてきた由。

小平選手の行動ひとつひとつが、ヘイトに明け暮れる日本社会、そして醜悪なアベ政治に対し、世界が見直して見識を深めるきっかけになるであろうと淡い期待を持っているのです。





2018年2月23日金曜日

俳優「大杉漣」さんの訃報について

大杉漣さんが若くして逝去された記事に接し、未だ悼むメッセージが色々な形でネットには流れているようですが、私はお名前や風貌を知るものの、出演された映画やドラマをほとんど見ていないので彼の人柄までは知りませんでした。
でもバイプレヤーとして賞賛する声がそこかしこから聞こえ、あらためてその人物像を実感した次第です。

そして、訃報を聞いた翌日に届いたクレジットカードの案内状を開けてみたら、何とそこには大杉漣さんを「名バイプレーヤーの表現力」とサブタイトルをつけて特集していたのでした。 臨終を予告されたような次の言葉に何か重たいものを感じました。

目指しているのは
演技を超えて
その瞬間を生きること

僕は66歳ですが、
いつまでも
夢を見てもいいと
思っています。

ということで、早速、当該ページをイメージに落としました。
最後のページには、はじめての翻訳劇「1984」に挑むとのこと、夢が夢で終わってしまったと、大 変残念に思われます。









2018年2月21日水曜日

荒凡夫 去る!

(2/26追記)
金子さんに関した新聞記事をマブソンさんがFacebookに掲載されていましたので、こちらに転載させていただきました。

・22日付 信濃毎日新聞

・22日付 中日新聞

・22日付 東京新聞

・26日付 信濃毎日新聞
信濃デッサン館や無言館がある長野県上田市に、金子兜太さんが揮毫された「俳句弾圧不忘の碑」除幕式が25日にあったと、その模様を伝える記事から。
(追記了)

俳人・金子兜太さんが亡くなられたそうです。

ネット情報やニュースなど、国や行政、マスゴミなどを含めフェイクなものが多く、数日前からにわかに信じがたく思っていたのですが、今日になって多くの発信元から流され、兜太さんの生涯が終わられたこを知った次第でした。


私が、金子兜太さんを知ったのは、2004年11月に信濃町の一茶記念館で行われた講演会でした。 俳人・小林一茶と山頭火を比べ述べたものでしたが、「荒凡夫」という思考に深く感じるものがありました。



会場には金子さんを師とされるフランス人のマブソン青眼さんも居られました。
マブソン青眼さんは、現在、金子兜太さん、上田にある無言館主の窪島誠一郎さんとともに、「俳句弾圧不忘の碑」設立にむけて奔走されている由。


金子さんの最後の思いは、「アベ政治を許さない」に尽きると思います。
平和を捨て争いに埋没する、現政権の存在に、戦争体験者としての思いを伝えられなかった、悔しい思いはいくばくかであったでしょうか。


Youtube掲載映像から、金子兜太&黒田杏子対話講演 明治大学2016/04/23
2年前の金子兜太さんの声をお聞き下さい。






2018年2月9日金曜日

小雪は楽だけど、やることがないっ〜

昨日の朝はマイナス11度、今朝は13.5度と相変わらず冷えていますが、今日の日中は、久しぶりに最高気温がプラスに転じました。 そして雪降りは相変わらず少ない。

2月ともなりますと、1年に一回の税務申告がやって来ます。
税務の総元締めは国税庁で、そのトップに現在いる長官は佐川宣寿。 この御仁は理財局長という立場でありながらモリカケ問題で虚偽と思われる国会答弁に終始し、肝心な事実を明らかにしなかったと、現政権の覚えめでたく国税庁長官という重職に転じたわけです。
巷では、事実を明らかにせず嘘を言う人物が国税庁のトップにいるのだから、税務署の窓口で申告申請する際に、その事実を明らかにして、申告内容を証する書類を添付する必要がないでしょうと主張し、窓口に申し出るんだと言う人たちが居られるとか、居られないとか。

(こちらはFacebookからいただいたもの、ちょっと揶揄した画ですが)
(この画を見ただけで、お前が、何でそこまで言うんだ! と怒りたくもなります。)

当方はそこまでする度胸も気概もなく、代理人を介していますので、嫌味の1つでも言いたい気持ちはありますが、まぁ従前と同様に無事に手続きをしておこうと思ってます。

さて、2度目か3度目になるでしょうか、かなり冷えた朝、手慣れたもので、水道管の漏れも破裂もありません。そして、今日一日良い天気でした。
 
やることが無く、これからも雪降りはあるでしょうけど、また春になれば自然に解けるでしょうけど、でも、時間つぶしに必要のない排雪作業を繰り返しています。


庭の排雪作業は、今季、一様に寒い日が続いており、ストーブの薪の消費量が多いようで、手元の薪不足に備えるためでもあります。 3月になっても寒ければ、来年のための予備を使うようになるかもしれません。


そして、積もった雪が氷となった、滑りそうな危険な所を、アイスピックルという道具で割って除去しました。


こちらは、車庫前の写真ですが、車庫が道路より3cmほど高くなっており、ここに雪が積もり、またスノーダンプで排雪作業をしていると、少しずつ雪が重なって山となり、それが氷と化して、道路との差が5cm以上に広がって行きます。

ふだんは全く問題ないのですが、早朝に除雪ドーザーが道路の雪をかいて行くと、ハイドバン(排土板)が道路の表面をこすり、そこに薄氷が張った状態になります。 これが滑るんですね。
四輪駆動であっても、車庫前の段差に前輪がひっかかり、道路に薄氷があると、後輪が横に流れます。
そんなこんなで、車庫前の氷を時々割って捨て均す必要があるんです。 氷を砕くわけですから、けっこう腕の筋肉を使いますので、相応の運動になるわけです。

まぁ、でも、暦の上では春、あと一月の辛抱でしょう。

晴天は夕方まで続いて、夕景の黒姫山が綺麗でした。


さて、明日の気温は?