お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2019年1月9日水曜日

今朝は今季一番の積雪量となりました

(追記1/10)
朝起きた時の温度は、二階で0度、玄関で4度、薪ストーブに残り火があってもリビングは15度。 そして外気温はマイナス17度台で、この冬一番の寒さ。
鳥居川の近くなど地形によってはマイナス20度以下になった地域もあることでしょう。
おかげで陽があがるに従い、真っ白な山々が見えています。
(追記了)

日本海側から強い寒気が降りてくると、昨日から大雪の予報が出ていましたが、昨夕降り始めた雪はチラホラと積もる様子がなく、この分ならたいしたことはないのではと思って就寝。

そして今朝、除雪ブルが来ているなと確認しながらも、窓からの景色が明るくなった所で起きてみたら、積雪30センチ以上で、吹雪いていました。
窓ガラスには雪がこびりついていましたが、まずは二階の窓から周辺の状況を確認。


ベランダにもしっかりと雪が残って出られません。

風が収まって小康状態になってからと、9時半頃から外に出て除雪作業を開始。
玄関前など吹き溜まりとなってドアーが開かないこともあるのですが、今日はそれほどでもなく難なく開きました。

道路側から玄関を写すと植木はだるまさん状態で、消火栓も隠れそう。

玄関横に積み上げた薪の上にもしっかりと雪が積もっています。

郵便受けにも。

郵便配達や宅配の方などが困らないようにと、まずは道路から玄関までの一本道を確保します。

それから可燃ごみやペットボトル、ビンなどを置いてある、生活用具の場所までの道を確保します。

そして、車が出せるように車庫前の除雪を行い、最後に車を駐車する場所を確保するための除雪を行い、

最後に、万一のため、道路脇にある消火栓と消火ホースボックスへのアクセスが可能なように、積もった雪を除けます。

こんな作業をしてほぼ4時間。 どうにか昼過ぎに終わりました。


今日は午後からも除雪ブルが来ていましたので、残された雪を片付けるため、夕方さらに1時間ほどの作業。

5時間も働くと、腕など、どことなく筋肉痛が感じられます。
ということで、夕方、温泉に入って疲れを癒やしてから晩酌、今夜はぐっすりと眠られそうです。

そんな一日でしたが、信濃町の降雪状況がテレビで放送されたそうで、心配する電話が数件ありましたが、テレビ画面で見ますとたいそうな感じに写りますが、当方はそれほど負担には感じておりません。

ということで、そのテレビニュースらしい動画をネット配信で見ました。


夕方、妙高から帰ってくる時に、スーツケースをひっぱりながら信濃町に向かって歩いている人を見かけました。 道路の反対側を歩いていたので、声をかけられなかったのですが、ひょっとして、北しなの線不通ため歩いておられたのかも。 妙高駅と黒姫駅の中間くらいの所でした。

さて、明日は良い天気になるという予報ですが、夜9時の外気温はすでにマイナス12度。
予報では明朝14度まで下がるようで、今季一番の寒さが待っています。

2019年1月4日金曜日

御鹿池周辺をスノーシュー・ウォーク

暮れからやって来ていた孫たちは黒姫高原スノーパークでのスキーやソリ遊びを堪能していましたが、正月を祝って早々に帰京してしまい、我が家は再び静かな生活に戻りました。


そして今朝、寝坊してしまい8時半に起きたら、空は真っ青。 元旦の朝も晴れたものの、早々に曇っていましたが、今日は終日こんな空が見られました。
そして早朝の気温はマイナス12度台になっていた模様です。


こんな良い天気なのに、家でぐずぐずしているのは勿体ないと、スノーシューで雪原を歩くことにし、黒姫童話館に向かいました。
10時半頃でしたか、古間北の信号近くには、晴れた空と黒姫山、そして鉄道を撮る撮り鉄さんが、たぶん20人近く群がっていました。


三が日が終わって、少しはゲレンデが空いているのかなと思っていたら、童話館前のクロカンコースはかなりの人数で賑わっていました。


雪が消えるとリュウキンカの黄色い花が咲き誇る場所に来ました。



童話の森では、風や日差しが引き金となって、枝に積もった雪がドサッと、あるいはパラパラと舞い降りてきます。 キラキラと綺麗な時もありますが、全身で浴びることになると大変な目に遭います。


周辺は、山スキーやスノーシューの跡がほとんどありませんでしたが、雪面はどことなくマッタリというかモッタリというか、湿った感じに見られました。
通常、新雪ですと雪が軽いので、スノーシューでの前進も苦はないのですが、今日の雪は重く、膝を持ち上げて、スノーシューで踏み込むという感じの歩みでした。

町中の家々を見ていると、屋根からずり落ちそうになっている積雪を見ることがあります。 連日の降雪で積もった感じではなく、ズルズルと屋根から落ちそうになっているものの、落ちずに屋根から垂れ下がっている感じです。

たぶん湿った雪と早朝の冷えが関係しているのではないかと、一人想像しています。




御鹿池の奥にある東屋ですが、まだ柱が1m半ほど見られました。
以前、ここに来た時、柱は雪に埋まり、屋根だけが浮いていました。 そんな時と比べると、まだまだ積雪は少ないように思えます。


御鹿池と御鹿山周辺を散策して、童話館前のクロカンコースに戻ってきたら、一般のスキーヤーではなく、元クロカン選手によるクロカンを目指す地元の若者達の教室が開かれていました。


午後からは、国道の排雪作業が行われていて、片側通行のため、かなりの渋滞が発生していました。

2019年1月1日火曜日

2019年新春

新年あけましておめでとうございます。


今朝、5時半に目がさめた時の気温はマイナス10度台。
朝の6〜7時台が一番冷えますので、たぶんマイナス11度台になったことでしょう、今季一番の寒さでしたが、再び目が覚めたのは7時半でした。


27日から降っていた雪は大晦日でやみ、それまで毎日10〜20センチ積もっていて、累計すると70前後にはなったと思われ、畑のソリ用スロープも無事にできて、町の除雪ブルが日に2度来た日が2日ありました。
黒姫ゲレンデの積雪は開業時は20cmでしたが、その後1m20cm、1m50cmとどんどん増えています。

そんな暮を越えて、元日は冷えたおかげで、朝から真っ青な空が望めました。


そして、どこのご家庭も同じでしょうが、皆一同に集まって、新年の挨拶ののち、お雑煮とおせちで朝食が始まりました。
今回はじめておせち料理を購入しました。 ただし、デパートなどで販売するおせちは、数ヶ月前に作られ冷凍保存されたもので、品質もよく分かりません。 一昨年、はじめて知った飯山市にある和食のお店で食事し、その料理に魅せられてしまい、数量限定でおせちを提供してくれるということで、今回はじめて注文しました。

全部で40品目、通常の営業を終えてから2日ほどで仕上げたそうで、なかなかすばらしい料理でした。 加え、大晦日にたべた蕎麦が、これまで食べた中で最高に美味しかったです。 こんな蕎麦が信濃町で食べられたら?と思うものでした。