お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年3月5日水曜日

戸隠・鏡池へスノーシューウォーク

一昨日3日は小雪ながらも一日降っていて、昨日4日は快晴の予報で、朝は久しぶりにマイナス8度という気温でした。

予報通り一日中良い天気となり、この日を逃したら雪の鏡池がしばらく見られなくなると思い、戸隠へ向かいました。

途中の道路からは白くなった林が遠望できましたが、戸隠に入ると道路は乾いて木々に雪は残っていませんでした。 戸隠では一昨日雪は降らなかったのかもしれません。
ただ気温はかなり冷えていたようで戸隠奥社入口から植物園にかけての林の中の雪は締まっていて、スノーシューで出来た跡や穴に自分のスノーシューがひっかかる感じでした。
大木の1つに腕を渡してみましたが、2人では届かず3人分の長さが必要で、そんな大木がそこかしこに育っているのでした。

奥社から鏡池に通ずる遊歩道をこれまで歩いたことはなかったのですが、随神門からまっすぐ南下すれば良いと分かっていたし、すでにクロカンやスノーシューの跡が続いていましたので迷うことは全くありません。
また、戸隠観光協会が設置した戸隠クロスカントリーツアーコースという目印が木々に巻きつけられており、随神門が25で、24,23と過ぎて21まで表示を確認することができました。

そして天命稲荷の社を過ぎると、鏡池までは5分ほど。

これまで冬場の鏡池を見たことがなかったので、恥ずかしながら水をたたえた湖や池というイメージを描いていて、林を抜けて一望した雪原が鏡池であることにしばらく気づきませんでした。
夏場、池と連峰を見る一段高くなった堤防や端にある鉄柵を見て、自分がこれまでと違った所にいて、池の氷の上にいることに気づいたのでした。

池の真ん中にある枯木がだんだん背を低くしていますが、その側まで近づけたのでした。
枯木の下部がどことなく馬の鼻面に見えました。
 
ただ池の一部は凍っておらず、雪解け水が注ぎ込んでいることが分かりました。 また近くの立ち木には、「危険 氷が解けてきました 池に入らないでください」と表示がありました。

因みに、昨年10月堤防の上から紅葉の鏡池を撮ったのが次の写真です。

帰りも同じコースをたどり、随神門からは参道に沿って牧場側の雪原を歩き、ミズナラの戸隠太郎を探しながら鳥居まで戻りました。
スノーシューの足跡がたくさん残っている大木がたぶん戸隠太郎だと思ったのですが、確証はありません。

おおよそですが、奥社入口から随神門まで1500m、随神門から鏡池までは1500m、鏡池の周囲は1300mのようです。 昨日のように締まった雪でしたら、スノーシューを履かずに長靴だけでも歩けたように思われました。

0 件のコメント: