お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2018年1月24日水曜日

深々と雪が降ってます

22日の首都圏での大雪は4年ぶりだとか、東京の積雪は23cmもあったとのこと。
(東京ではない)信濃町の我が家では10cmほど、2日で20cmほどでしたので、東京の方が積雪量が多かったようです。

それにしても、いつもながら交通機関マヒ、列車の臨時宿泊、事故、渋滞、転倒事故などが繰り返されていたようです。
そして翌日は、融けかかった雪の道をさけながらの通勤・通学の様子が見えたことでしょう。

いつも思うのですが、都会の人って、除雪や排雪作業って何故しないのでしょう?
雪が融けて水になっても、雪が流れを止めてしまい、水がはねるので大変歩きにくくなります。 長野の善光寺通りなどでも、雪がとけるまま放置されていることがあります。
誰も片付けないんですね。
昔は、自分の家の出入り口だけでなく、隣家にかかる所まで雪をよけて、歩きやすくしたものでした。 商店ですら除雪をしない様を見たことがあります。

「雪はね」位は、各戸に備えてほしいものですね。

また、雪降りの中、ノーマルタイヤで走る車も困りものです。 平坦な道路であれば走れるかもしれませんが、道路にはアップダウンがかならずあるものだし、雪の坂道ではタイヤは必ず滑るので危険極まりないのです。

でも、雪化粧した神宮外苑や内苑、古河庭園など都内の庭園、あるいは横浜の三渓園、鎌倉の大仏さんなどなど、カメラに収められたらと思うものの、遠くにいる身としては叶いません。

一昨日の大雪は、太平洋からの低気圧によるとのことで、だいぶ湿った雪であったようで(これを上雪(かみゆき)と言うそうです)、窓辺から見る樹木にはかなりの着雪が見えています。

そして、今週後半は別の低気圧の移動に伴い、北日本や日本海側は大雪と気温の低下がある由。
今夜は東京でもマイナス3度まで下がるとか、夜9時、我が家の温度計はマイナス8.8度を示しており、明朝は二桁台まで下がるかも知れません。
早めに凍結防止帯の電気をいれて、水道管が凍らないようにしています。

午後の一時、吹雪いていましたが、今は静かに深々と降っています。


夕方、町役場の広報スピーカーから、除雪作業に伴う北しなの線の運休が告げられていました。

しなの鉄道HP)から

線路の除雪作業と聞くとラッセル車を思い起こしますが、信越線時代はどんな形で作業が行われていたのでしょう? 以前、夜中の0時過ぎ、ゆっくりと除雪作業車が線路上を移動している様子(といってもライトだけですが)を遠くに見ました。

2年前のしなの鉄道周年行事で撮った写真があります。



ディーゼル車の前後に連結して使用するのでしょう。

「雪」にかかわる名前(言い方)について説明したページを見つけました。
暮らしの歳時記 ー 雪の名前」 いろんな言い方があるもんですね。


0 件のコメント: