お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年10月18日土曜日

「信州打刃物を活かした地域づくり」シンポに出かけた

昨日、MacのOSであるOS Xのアップデートが行わました。
前回に続いて今回も無料のアップデートです。 更新作業の時間はさほどかかりませんが、いくつかの設定がデフォルトに戻ってしまうのはちょっと困ります。
アイコンやデスクトップがiPhoneのiOSみたいな平面的なものになって、何か西洋人好みのOSになったかなという印象です。
Googleの各種サービスやFacebookなどと同じように、利用者の便利が喧伝されている反面、OSやサービス提供側(Apple)の都合や種々の情報入手という提供側(Apple)の都合が加わっているのかもしれません。



さて、今朝はかなり冷えて真っ青な空に黒姫山の山麓を紅葉が駆け足で降りているのがわかりました。


そして我が家の菜園の菜っ葉には霜が降りていました。 初霜で気温は2度〜4度ほどで地表は0度前後あったと思われます。



一日中、良い天気となりました。
今日は、信濃町観光協会主催の黒姫山登山会が実施されていましたが、紅葉とともに山頂から俯瞰された風景に参加者は堪能されたことでしょう。 キャンセルしたのがちょっと残念でした。

また、野尻湖ナウマンゾウ博物館付近には、クラシックカーが100台ほど集まって、芸能人などが見栄を張っていたそうですが、詳細はわかりません。

そして、夕方、ラボの若い学生さんでしょうか、ハロウィンの装束に身を固めた集団が柏原の交差点をわたっていました。

午後からは、家内は一茶記念館の講座へ、私は「信州打刃物を活かした地域づくり」シンポに出かけてきました。
一茶記念館の今回の講座はタイトルほどのことはなく、かなりの参集者が残念な思いをしていたようです。 一茶記念館は毎年4〜5回講座や講演を行っていますが、満足ができる時がある反面、講演者は何を言いたいのか分からないということもあります。
小林一茶を顕彰する記念館なのですから、講演者との打ち合わせ、講演の内容の精査などをもう少し事前にやってほしいと思います。

そして、私が今回出かけた「信州打刃物を活かした地域づくり」のシンポジウムですが、冒頭に講演された国立歴史民俗博物館名誉教授浅岡康二さんのお話は大変興味深く、打刃物が農業や林業、養蚕などと深い関わりがあったことがわかりました。




そして打刃物、野鍛冶に関する調査や研究をされている研究員の方々がそれぞれの立場で、研究の途中経過を発表されていました。


今回は、信濃鎌の広がりを示しておられましたが、民俗学的見地から全国に亘る鍛冶職を調べ、その繋がりの中で、我々の祖先がどうやって生きていたか、そんな歴史の中心点に信濃町があれば、もっと町の活性化や広がりにつながるのではなかろうかと思いました。

平成5年に亡くなられた中村与平さんは、奥さんのフデさんと一緒に人力で打刃物を生産されていて、当時、付近の鍛冶職はほとんど電動化していたので、手作業で刃物を作る手立てを知る人はほとんどいなかったようです。

こちらは昨年5月に中村家の一般公開が行われた時に撮ったものです。





村のかじや友の会からのお誘い


0 件のコメント: