お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2018年5月5日土曜日

一茶祭りに出かけた

今朝も6度ほどと寒かったですが、日差しが出るにしたがい温かくなりました。

今日、5月5日は毎年恒例の一茶祭りの日です。
雪がとけて花が咲き、新緑と共に春を謳歌するこの日、小林一茶の生誕を祝う町の行事で、舞台での出し物を中心に色々な出店があって、春一番の賑やかさを呈する催しとなっています。
(ウイキペディアによると、実際の生まれは宝暦13年5月5日で、西暦ですと1763年6月15日となるそうです)

と言いつつも、どことなく今年の出店が少なく、食べ物の店が中心になっているような感じがしました。
その中で、町内の有志が集う「被災者支援の会」(災害支援信濃町連絡会)では、東日本大震災に遭われた地を忘れないようにと、石巻で取れた生わかめを販売し、寄贈された家庭用品など雑貨類の販売も行っていました。




ひと通り会場を巡って、知己の方々に挨拶し、今日だけ無料の記念館の展示を見て帰路につきました。

小丸山公園の「おもかげ堂」の屋根が新たに葺き替えられていました。




一茶祭りの会場の外では、句碑めぐりのスタンプラリーや村の鍛冶屋の公開なども同時に行われていました。

記念館がある小丸山公園は比較的高台にあって、黒姫、飯綱、妙高の山々が眺望できる良い場所にあって、特に二階の窓からですと、3山のパノラマ撮影も可能かと思われます。


帰り道、古間北信号脇の跨線橋に人だかりの一団がいて、「撮り鉄」の面々だと分かり、当方もしばし脇に立ちました。 緑と橙色の湘南色の下り電車が行ってからは、しなの鉄道の定番電車が長野へ向かって行きました。


一茶祭りの会場にも置いてありましたが、「しなのまち どんなまち?」という観光パンフレット(小冊子)です。 毎年更新されていて、今年は橙というか赤というか、そんな表紙になって、なかなか興味を引く内容となっていて、我が家でも信濃町に遊びに来た友人や知り合いなどに特産物を送る時に荷物に入れるようにしています。
その他、この冊子とは異なりますが、英語版、中国語版、韓国語版のガイドブックが用意されています。


0 件のコメント: