お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2018年11月27日火曜日

冬支度がどうにか終わりました

今月初旬に黒姫に戻ってから、日増しに冷たくなる秋風に追われるように、畑終いや雪囲いなどの作業をすると思っていたら、意外に温かい日が多く、二週間ほどで主な作業は終わりました。
その間、0度を下回ったのは2〜3日ほどで、霜はよく降りているものの、霜柱になるのは1回位。 でも目に見えるような氷柱が育つためにはもっと冷えなければいけないようです。

里の初雪は「降った」と言えば降りましたが、「降らなかった」という言葉も通用するようなわずかなもの。 黒姫山の山麓まで一時は白くなりましたが、日差しがでると瞬時に消えてしまい、かろうじて残っているのが山頂の雪。 でも、それも徐々に消え、雪の季節になるにはまだまだ日数が要るようです。

寒い朝でも、日中晴れると「小春日和」となって窓辺にいるとついウトウトしてしまいます。

標高の高い妙高山の方は白い部分が多いです。

畑に残っている野菜や草などに霜が降りると、その霜の模様に魅せられてしまいます。

まだ赤い実が残るラズベリー。

家の周囲に積雪から守るための雪囲い。 これまでの経験ですと、窓枠を越えるような積雪はほとんどなかったので不要のようにも思えますが、積雪量の多寡までは予想できませんので、「備えあれば憂いなし」で立てかけています。

家の出入りに近い所に薪を積み上げています。


素人大工で作った庇の下には、タクアンに使う大根や大根葉を干しています。 大根葉はヒバにし、風呂に入れると体が温まるとか、チゲ(韓国の味噌汁)にすると美味しいのですが、そこまでの良いヒバになるかは分かりません。

我が家の大根は小人サイズで、知り合いに話したら、大きく伸びた大根を畑からたくさん抜いて届けて下さいました。

そんな時間の合間に、柴津・称名寺をたずねましたが、佐々木さんは不在、たぶんデイサービスに出かけていたのでしょう。 枝垂れ桜の葉もいずこへと飛んでしまい、静寂な佇まいが感じられました。

境内の一方にあるハクモクレンには、すでに大きな蕾がついていました。


0 件のコメント: