お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年4月24日木曜日

オーディオ機器を移設する

もうこの時期になると、黒姫の山々の上の方には斑となった白い冠雪が望めるのみで、里で雪を見ることはほとんどなくなりました。
ただ朝の外気温は1〜2度と、畑もうっすらと霜がおりているような感じで冷え冷えとしており、まだまだ暖房は欲しく、日差しのある日中は別にして床暖房をつけています。

さて、先日、旧宅(年間で8割ほど黒姫に居ることが多くなり、主住地と仮地が逆転していることもあって、これからは主住地を旧宅と表現することにしました)にあったオーディオ機器を解体して車に載せ黒姫に運びました。
スピーカー30kg x 2、プリメイン25kg、他機器15kg,ラック40kg? 全部で150kg超という大荷物で、車の荷室はほぼ満杯。

広めに作ったつもりのリビングルームでしたが、オーディオやCD棚を置くと狭いのなんのと、もっと広くしておけばよかったと反省しましたが、今はリフォームする資金もなく、もうどうにもなりません。

このオーディオシステムは10数年前に購入したものですが、旧宅では隣家と接していて、ボリュームを上げて音楽を聞くことができませんでした。 あまり電源を入れることなく今日に至っていたのですが、今回黒姫に持ってきて、あまり気兼ねせず音量を上げて音楽を聞けることに、やっと本来の使い方ができるようになったと感じています。
と言いつつも、窓を開けての大音響ではご近所の迷惑になりますので、そこそこの音量で音楽を楽しもうと思っています。


使うのはプリメインとCDプレイヤーが中心で、チューナーとMDプレイヤーに電源を入れることは少ないでしょう。 長野ではFM局は少ないですし、CD→MDダビングでMDデッキを使っていましたが、MDがこれほどまでに廃るとは思いませんでした。 イコライザーなどないオーディオシステムですが、これでも十分に音楽を楽しむことができると思っています。


先ず聞いたのが、グローフェの「Grand Canyon」で、黒姫山に連なる戸隠などの連峰を遠くに望みながら、以前歩いたピレーネ山脈などを思い描き聞いていると、実に心に響くというか満たされた音楽鑑賞となるのでした。


2つ目は韓国の国民的歌手である「チャン・サイク」の歌声。
メリハリがあって哀愁ただよう彼の歌声は実にすばらしいし、ほとばしる人柄の良さも訴えるものがあります。 齢60を越えておられると思うのですが、大田ブルース、オモニ、そしてバックで演奏しているトランペット、ドラム、パーカッション、ピアノ、ギターなどのプレイヤーも実にいいです。
日本の国民的歌手といえば「美空ひばり」でしょうが、彼女は歌声の良さ、歌い方の旨さで我々を楽しませてくれました。 でも、彼ほどに心から同胞の情感を訴えるような歌手は日本にいないように思えるのです。


モーツアルト、ショパン、バッハ、、そして JAZZ、これから色々楽しめそうです。

0 件のコメント: