お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年10月19日日曜日

JEJU平和祭2014のこと

被曝線量の基準値を上げて、福島は安全だと政府は欺瞞をし続け、除染作業から生じた放射線を含む瓦礫や泥などなどを全国に送り焼却処分し再利用。 このように国民を危険な目に合わせ、棄て置いているのが日本の今の政治ですが、九州電力の川内原発の耐震基準を今より上げ、再びまやかしの安全宣言をし再稼働につなげようとしているとのことです。

国の成り立ちは、そこに住み生きる住民が大本で、あのように棄民政治を展開し、再び日本の若者を戦場に送ろうとしている安倍政権にまっとうな能力があるとは到底思われません。 やることなすことが全て国民からの収奪、圧政で、それに便乗した官僚、経済界、マスゴミ、学者などが、欲得だけで勝手気ままな振る舞いをしているのが今の日本なのです。

かつて朝鮮半島や中国大陸を侵略して地元住民から収奪していた行為を、解放するための目的であったとし、また強制労働や性奴隷のために軍隊が強制徴用したことはなく、それは民間企業がやったことだと嘯くなど、過去の戦争の実態にベールを被せ覆い隠そうとしているのです。
戦争犯罪人を祀った靖国神社への政治家の参拝、憲法9条の形骸化、自衛隊を強化し海外へ戦争に出かける策に腐心、在日中国人や朝鮮人(戦後動乱を避けるために日本に住んだ人もいたが多くは日本軍の徴用による)を排斥する在特会、統一教会や創価学会、幸福などのカルト集団、戦前の態勢に戻そうとする神社本庁などなど。
国民を欺き、国民から収奪しようとしているのが、これらに関わる組織や者達でしょう。 加え、地震、津波、火山、台風、これらに伴う原発事故の危険性。 総じて日本という難破船はいつ座礁して沈没するか分からない状況にあるわけです。

そんな日本にあって宗主国であるアメリカは日本から金が取れればいいのです。 日本の愚かな政治家や経済界はアメリカ国債を買い、アメリカの旧型兵器を買って協力し(貢いで)、日本国民は少ない年金、弱体化した社会保障のもと、日々苦しい生活を余儀なくされているのです。

そんな状態にありながら、安倍を筆頭とした能力の無い、井の中の蛙と言える政治家達は、過去の栄華を連綿と夢見ているわけで、その結果の責任をどう取るのか明確な理解を持っていないのです。 そんな日本を世界から見たらどうでしょうか? 実に情けないというか、肩身が狭いというか、まともに海外の人々と話ができないように思われます。

そんな昨今にあって、今、韓国の済州島(チェジュド)では、日本、韓国、台湾、中国の若者達が集い、トルハルバンと一緒になって平和祭を行っています。
私達も2009年に参加したWalk9という韓国巡礼の旅を企画した若者たちが、東アジアの平和のために何ができるかを自問するために再びチェジュに集まっています。 日本の愚かな政治に諦観しか感じられませんが、若者たちが一つになって仲良くしようという、東アジアに平和をもたらそうという動きに一抹の希望が感じられます。

Jeju平和祭2014
http://jeju.peacefes.asia/ja/

JAPAN CHINA KOREA HAPPY

法王が戦争を批判するとき

日本語訳など詳細は、「私がローマで独りで始めたわけ」をお読み下さい。


0 件のコメント: