お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年10月17日月曜日

ドライブレコーダを装着

数年前からドライブレコーダを車に装着していたのですが、迂闊にも1年以上も前から故障中であったことに気づきませんでした。 ちなみに、ドライブレコーダは和製英語で、英語圏ではdash camと言うようです。

夏は直射日光でフロントガラスは60度とか70度といった温度になるでしょうし、また冬はマイナス20度近い温度に機器が晒されていたので、レコーダに対するダメージは大きいのでしょう。

それでも装着の必要性を感じ、ネット検索して比較的廉価なものを買い直しました。


フロントガラスのミラー付近に吸盤で装着するもので実に簡単、電源はシガーライターソケットから取ります。 ただ我が愛車ではもう一台電装品をつけていて、やはりシガーライターから電源を取っています。 ソケット1つに、電装品2台ということになります。
そこで、ケーブルを切ってはんだ付けし、一つの差し込みから両方に給電するということにしたのでした。

しかし、このドライブレコーダは5V、もう一つは12Vという電圧で給電されるのです。
そこで、DC-DCコンバータを購入。


ドライブレコーダ本体にはGPS機能はなく、時間設定は手動。 そのためGPS機能を内蔵するマウントを追加購入しました。 ただ、このマウントには使用方法や専用アプリなどの説明は全くありません。
ネット検索して、英語サイトからソフトウエアをダウンロードしたのですが、今ひとつうまくいかない。 まだWindows10に対応していないのかもしれません。
また本体のFirmwareがバージョンアップされているのに、購入者にそのアナウンスもなく、たまたま当方が見つけアップしたものでした。


記録された動画から落とした画像です。 天気が良ければきれいな画像ですが、曇天や雨天、あるいは夜間ではこうはいきません。 もともと事故やトラブルに備える機器ですので、画像の綺麗さは関係ないでしょう。


加え、後方にもカメラを付けた方が、追い上げ車などに対し抑止効果があるというので、こちらは3千円台の安いカメラをつけました。



戸隠・鏡池の帰りに、狭い道にさしかかり、こちらは後ろに車が2台続くものの、相手はすぐバックすれば広い場所に出られるのでした。
それなのに、下がれという意味の手の振り方をする。


後方の車がバックしてくれたので、こちらもバックできたのですが、相手は何の挨拶もなくそのまま通り過ぎて行きました。 普通は何らかのアリガトウの意思表示をするものですが、そんな気はさらさらないドライバーのようでした。



そんな時にもしトラブったすれば、どんな車で、ナンバーは何であったか、あとでこの映像をたどれば分かるわけです。
たまたまシルバーマークをつけていた車であったので、「仕方ないかな〜」という思い。
でも、一方的に主張し、相手に挨拶もしない礼儀知らずの年寄り、そんな年寄りが今の社会を悪くしているように思えてしまったわけです。


0 件のコメント: