お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っているNHKや態勢迎合の低俗局(フジサンケイや読売)、大手新聞社(朝日・毎日)等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

*コロナ退治ソング


***掲載した主な画像(写真)の上にカーソルを置きクリックすると拡大されて文字が読みやすくなり、さらにクリックするか当該画像右上のXをクリックすると元のサイズに戻ります***

2013年10月26日土曜日

第一スーパー柏原店で閉店セール中

黒姫駅にほど近い所にある第一スーパー柏原店は、今月27日で閉店するとアナウンスされていましたが、昨日から閉店セールをしていると聞き、今日は出かけて来ました。
酒類と生鮮食品を除く商品のほとんどが3割引きのようで、このセールはあと一日を残すのみとなりましたが、食品棚はだいぶがら~んとしていました。


柏原地区にはエーコープがありますので、地域住民への影響はそれほどないかもしれませんが(食材の宅配サービスを利用している家も多いようです)、駅前の商店がだんだんと少なくなり賑いがなくなるのは寂しいものです。

それに引き換え第一スーパーの古間店は、土曜日とあって、かなりのお客さんで混んでいました。 古間店では、買い物用のマイクロバスを毎日地区ごとに回しており、自動車の運転ができない方や足腰の弱い年寄りにとっては大変便利なサービスとなっているようです。

でも、総体的に町の人口が減少する中で、当然スーパーマーケットの売上が延びているとは思われず、さらなる撤退があれば町民にとっては不便この上ない状況となってしまいます。
交通手段を持ち時間的にも余裕のある我々は、品物の種類や品質などから、ついつい長野市などのスーパーへ行きがちになりますが、そういうことも考慮して、地元での買い物に努めるようにしなければと思います。

今、町の人口は9200人ほどで、我々が来た20数年の間に3000人近く減っていると思われます。 隣の飯綱町のある地域では限界集落になりつつあると聞いたことがありますが、信濃町であっても高齢者の比重が多くなってくれば、そういうことも予想されます。

町民にとって一番の気がかりは病院の存在でしょう。 建物や設備の老朽化と同時に医者の不在で一部の診療ができない科があるようです。
これに対し、町では過疎債を発行して資金調達し、病院を一新したいと考えているようですが、過疎債は所詮借金で、その金利は返済時期の状況によって変動があるもののようで、後々住民への負担が生じるものです。 それでなくても、今、町の借金を人口で単純に割ると一人百万円となるそうです。 借金がどんどん膨らむというのは芳しい状況ではなく、借金を増やさずに住民サービスの充実化をいかに図るかが、町役場の為せる業ということになるのでしょう。

一極集中で、大都市はどんどん大きくなり、信濃町のみならず、地方の町村財政はますます厳しくなっているのが現状のようで、第二第三の夕張市が生じても不思議ではないと思われ、議員や職員を減らすとか、給与、報酬の体系を変えて、少しでも財政負担を軽減させるなどの検討が求められていることでしょう。

0 件のコメント: