お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年7月22日水曜日

7月25日、長野市内で「望郷の鐘ー満蒙開拓団の落日」の上映会が

去る18日、信濃町総合会館で催された「石の鐘のメッセージ」で発表された、黒姫童話館長和田登さんの著作「石の鐘の物語」の前作であり、姉妹編とされている「望郷の鐘」が昨年でしたか映画化されていました。

なかなか見られる機会がないなと思っていたら、7月25日長野県庁に近い長野県教育会館で上映会があることを知りました。

 
当時、長野県内の寒村からも多くの農民が満州に渡ったようですが、敗戦で希望の開拓がロシア参戦もあって着の身着のままの逃避行になっていたようです。

かつて長野市内で行われた戦争展でも、青少年を満蒙開拓団に送り込んだものの、実際には関東軍の手下のような、地元民からの略奪の開拓団であったと聞いたことがありました。

阿智村には、満蒙開拓平和記念館があります。
開拓のため満州に渡った日本の人々のご苦労を考えるばかりでなく、日本の富国強兵策の一旦を担い、結果は地元民からの搾取、迫害の面もあったのだということを、こういう記念館から理解を深めてほしいものです。

本映画ばかりでなく、8月は敗戦記念の日として、種々のイベントが行われます。

まず隣町である飯綱町では町制10周年記念事業として、「みんなが学び、みんなで行動する町に」と題して、8月9日には「報道の現場から、これからの日本を考える」、8月23日には「憲法9条と平和」という講演があります。


また、8月6日には、戸隠で「戦後70年に考える戸隠の夕べ」と題して、沖縄戦を実体験された親里さんからお話をうかがうことができるようです。





現代においては、戦争と核兵器、原子力は切っても切れない関係にあり、日本政府の無策の結果、福島第一原発からの放射能漏れが放置されたまま、近隣に住まざるを得ない人々、特に子供たちの健康が心配されているはずです。

かつて長野県須坂市に住んでおられた坂田静子さんは、娘さん家族が住むイギリスで放射能禍を早くから気付き、「聞いてください」というタイトルでミニコミ誌を発行し市民に訴えていたそうです。


坂田さんの娘さん雅子さんが、母親の想いを広く訴えたいと、作成されたのが映画「わたしの、終わらない旅」です。
長野駅近くの、相生座ロキシーで7月25日から公開されるとのことです。





0 件のコメント: